【町工場見本市16】新幹線デザインの子供用ヘルメット、予想以上の売れ行き…カナック企画

自動車 ビジネス 国内マーケット

カナック企画が販売する新幹線デザインの子供用ヘルメット
  • カナック企画が販売する新幹線デザインの子供用ヘルメット
  • カナック企画が販売するUSBメモリー
カーAV取付キットなどを販売するカナック企画(本社・東京都葛飾区)は、「町工場見本市2016」に新幹線をデザインした子供用ヘルメットを出展。そのヘルメットが人気を集め、予想以上の売れ行きだという。

同社は昨年3月、「はやぶさ」「こまち」「かがやき」の3種類の新幹線ヘルメットを発売。特にかがやきは北陸新幹線が開業したこともあって、話題を呼び大ヒット。それが他のヘルメットにも波及し、お客から「ドクターイエロー」も出してほしいとの声が上がり、急遽追加したほど。価格は3500円だ。

「いまでも月に500~600個売れています。初年度の目標が6000個でしたが、この分では軽く超えそうです。特におじいさんやおばあさんが孫のために買っていくケースが多いです」と同社関係者は話す。

現在、大手家電量販店やGMS(総合スーパー)、自転車店の一部で販売しているが、今後は販売網を日本全国へ広げていき、「2年目は1万個以上を売りたい」と同社関係者は意気込む。そのほか新幹線デザインの傘やUSBメモリーも販売しており、USBメモリーについては大人が収集のためにまとめて買っていくケースが多いそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

    【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. アウディの世界販売、メルセデスとBMWを抑える…4月

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】車両側センサーでダンパーを可変させる電子制御サスを公開…ショーワ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

アクセスランキングをもっと見る