【デトロイトモーターショー16】メルセデス Eクラス新型、スポーティな「AMGライン」登場

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の AMGライン
ドイツの高級車、メルセデスベンツが1月11日、デトロイトモーターショー16で初公開した新型『Eクラス セダン』。同車に、「AMGライン」が設定された。

AMGラインは、一部のメルセデスベンツ車に用意されている。メルセデスベンツのミディアム車としては、10世代目となる新型Eクラス セダンにも、早速AMGラインがラインナップされた。

Eクラス セダンには従来、頂点に立つAMG版として、「E63 AMG」が用意されてきた。新型ベースのE63 AMGは現時点では登場していないが、同車ほどの高性能を必要とせず、内外装のスポーティさを求める顧客のための仕様が、AMGラインとなる。

AMGラインの外観は、「アバンギャルド」同様、フロントグリルにスリー・ポインテッド・スターが配される。フロントバンパーは、開口部にフィンが付くエアロダイナミクス性能を追求した専用デザイン。AMG製アルミホイールは、細いスポークが特徴。

室内には、フラットボトムステアリングホイールを採用。ペダルは、アルミ製となる。シートはアバンギャルドよりもサイドの張り出しをさらに大きくした専用デザイン。ショルダー部分もワイドな設計で、サポート性を高めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら