人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ナビタイム、ビッグデータを活用した道路関係者向け調査・情報提供支援サービスを開始

自動車 テクノロジー ITS

ナビタイムジャパンは、道路関係者向け調査・情報提供支援サービス「交通規制対策ソリューション」を1月22日より提供開始。第一弾として、阪神高速31号神戸山手線の工事に伴う規制(1月25日~2月8日)向けに提供する。

ナビタイムジャパンでは、スマートフォン向けカーナビサービスのプローブ交通情報や、経路検索条件データなどの交通ビッグデータを用いた分析を、「交通コンサルティング事業」として展開。また「PC-NAVITIME」などコンシューマー向けサービス上にて、経路検索に連動した告知バナーの配信や、工事情報などのプッシュ配信を行う商材を提供している。

同社では、交通ビッグデータ分析や告知サービス、迂回ルート検索システムを組み合わせることで、工事やイベントなどによる道路交通規制の際の調査および情報提供を支援する「交通規制対策ソリューション」を、道路管理者・交通管理者向けに提供する。

同ソリューションでは、規制の影響範囲把握や迂回経路シミュレーションのほか、経路検索に連動した工事告知バナーの配信、同社ルート検索サービス上での迂回ルートの案内など、さまざまなサービスを提供する。

ナビタイムジャパンでは今後、高速道路などで実施される大規模更新・大規模修繕工事の際に発生が予想される交通渋滞や混乱を、データ分析や情報提供の面から軽減していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

  2. 【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

    【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

  3. 「ロボネコヤマト」プロジェクト始動…自動運転を活用した物流サービス

    「ロボネコヤマト」プロジェクト始動…自動運転を活用した物流サービス

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  6. NTTドコモとパスコ、自動走行技術・自動制御技術の開発・実証へ…高精度地図の配信技術を開発

  7. ホンダとソフトバンク、「感情」を持つモビリティの共同研究を開始

  8. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  9. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  10. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

アクセスランキングをもっと見る