【東京オートサロン16】無限 シビックTYPE R に来場者も大注目…究極をさらに突き詰めた | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン16】無限 シビックTYPE R に来場者も大注目…究極をさらに突き詰めた

自動車 ニューモデル モーターショー

無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
  • 無限シビックTYPE R コンセプト(東京オートサロン2016)
千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2016」のホンダ・無限ブースにホンダの新型『シビックTYPE R』の走り、コンセプトをさらに突き詰めカスタマイズしたプロトタイプモデル『MUGEN CIVIC TYPE R concept』を展示。多くの来場者の注目を集めていた。

昨年10月の東京モーターショーで発表された純正モデルをベースに、無限が徹底的にカスタマイズ。外部パーツではレースで培われた無限のノウハウが惜しみなく注ぎ込まれ、空力の適正化を図るために実寸での風洞実験を繰り返してパーツデザインが決定したとのこと。フロントもレーシングカーのノーズのようにやや付き出す形状になっている他、フォグランプを取り外し、バンパー周りの形状も徹底的に見直されて空力効率の向上が図られている。

また両フロントタイヤの前方にはターニングベインのような整流板も装着されているが、これも風洞実験の中から生まれたものとのこと。この他にもサイドやリアの形状に至るまで、空力面をものすごく意識したデザインに。もちろん、街乗りもそうだが、そのままサーキットに持って行ってタイムアタックをしたくなるほど完成度の高い1台に仕上げられいる。まさに「史上最速のTYPE R」を究極にまで切り詰めたカスタマイズカーにとなっている。

なお今回オートサロンで登場したのはプロトタイプカーで、特別に無限のカラーのデザインが施されての展示ということもあり、3日間を通して多くの来場者が足を止めて、車両を見入っていた。なお販売等に関しては、まだこれから詳細を詰めていくとのことだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品