【デトロイトモーターショー16】クライスラー パシフィカ にPHV…米国初のハイブリッドミニバン

自動車 ニューモデル モーターショー

クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
米国の自動車大手、FCA USのクライスラーブランドが1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16で発表した新型ミニバン、『パシフィカ』。同時に、プラグインハイブリッド車(PHV)の『パシフィカ ハイブリッド』も初公開されている。

パシフィカは、クライスラー伝統のミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに変更した。

そのパシフィカに設定されるのが、PHVのパシフィカ ハイブリッド。クライスラーによると、米国のミニバンセグメントにおいて、初のハイブリッド車になるという。

PHVパワートレインは、エンジンが3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」の専用チューン版。最大出力248hpを引き出す。このエンジンに、2個のモーターを組み合わせる。

二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、2列目シートの床下に配置。EVモードでは、最大48kmをゼロエミッション走行できる。充電は240Vソケットなら、約2時間で完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  4. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  6. 【IIHS衝突安全】リンカーン MKZ の2017年型、最高評価

  7. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  10. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら