【デトロイトモーターショー16】クライスラー パシフィカ にPHV…米国初のハイブリッドミニバン

自動車 ニューモデル モーターショー

クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
米国の自動車大手、FCA USのクライスラーブランドが1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16で発表した新型ミニバン、『パシフィカ』。同時に、プラグインハイブリッド車(PHV)の『パシフィカ ハイブリッド』も初公開されている。

パシフィカは、クライスラー伝統のミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに変更した。

そのパシフィカに設定されるのが、PHVのパシフィカ ハイブリッド。クライスラーによると、米国のミニバンセグメントにおいて、初のハイブリッド車になるという。

PHVパワートレインは、エンジンが3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」の専用チューン版。最大出力248hpを引き出す。このエンジンに、2個のモーターを組み合わせる。

二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、2列目シートの床下に配置。EVモードでは、最大48kmをゼロエミッション走行できる。充電は240Vソケットなら、約2時間で完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

    マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  2. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  3. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

    スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  5. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  8. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  9. BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

  10. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

アクセスランキングをもっと見る