【東京オートサロン16】コジマ KE007…富士SW初F1参戦の国産マシン[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
  • 日本特殊陶業 コジマ KE007(東京モーターショー16)
主にスパークプラグを生産する日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)は、東京オートサロン16に『コジマ KE007』を出展した。

同車は1976年に富士スピードウェイで初めて開催された「F1世界選手権」に、同社のスパークプラグを装着して参戦した国産F1マシンである。コジマエンジニアリングが設計、製造を担当し、長谷見昌弘氏がハンドルを握った。アルミニウムモノコックボディにフォードコスワースのV8エンジンを搭載する。
《ショーカーライブラリー》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品