ヤマハ ビーウィズ50、2016年モデルを発売…出力および燃費向上

モーターサイクル 新型車

ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
  • ヤマハ ビーウィズ YW50F(2016年モデル)
ヤマハ発動機は、原付一種スクーター『ビーウィズ YW50F』の2016年モデルを2月15日より発売する。

BW'Sは、2灯式ヘッドライトやファットタイヤなどが特徴の50ccスクーター。扱い易くパワフルな水冷・FIエンジンを搭載し、ファッショナブルなスタイリングと優れた走行性を両立している。

2016年モデルは、排気系の見直しなどによりエンジン性能を向上。最高出力は従来モデルから0.2psアップの4.5ps、最大トルクは0.5N・mアップの4.2N・mとなった。また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなど、FIシステムの変更で燃費性能を向上。30km/h定地燃費は14.8km/リットルアップの72.8km/リットルとなった。

カラーはディープパープリッシュブルーメタリックとマットチタンの2色を用意。価格は23万2200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  3. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

    軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  6. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  7. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  8. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  9. ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

  10. 台湾の二輪車メーカー「キムコ」が日本市場に参入…7モデルを投入

アクセスランキングをもっと見る