スズキ鈴木社長、「環境・安全技術は自社でまず咀しゃくする」

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ鈴木俊宏社長(写真は東京モーターショー15)
  • スズキ鈴木俊宏社長(写真は東京モーターショー15)
  • スズキ鈴木俊宏社長
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキの鈴木俊宏社長は1月21日に都内で記者会見し、環境と安全技術の開発について「色々な技術にチャレンジし、自社でまず咀しゃくするようトライしたい」と述べ、自前で幅広くアプローチする考えを示した。

今後の主要な技術開発課題について、他社との提携方針を質されて答えた。鈴木社長は技術開発について「振り返ってみれば、かつてはこんな技術は必要かなと思っていたものが普及しているということもある」とし、できるだけ対象範囲は広げるべきとの意向を表明した。

また、技術を咀しゃくしておかないと「部品メーカーや自動車メーカーさんとの連携もできにくい」と指摘。そのうえで「単独ではできない場合には、連携も進めていけばよい」と述べ、自前開発に固執しない考えも示した。自動運転技術については「一気に完全な自動運転にはならないので、まずは安全運転支援システムを充実させるのが当社の課題と考えている」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  3. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  4. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  5. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  6. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  7. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  8. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  9. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  10. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

アクセスランキングをもっと見る