関西国際空港、国際線大幅増で発着回数と旅客数が過去最高…2015年

航空 企業動向

新関西国際空港は、2015年の関西国際空港、大阪国際空港の運営実績を発表した。

関西国際空港の航空機発着回数は、中国をはじめとするアジアの国際線増便が相次ぎ、前年比15%増の16万3506回を記録、開港以来初めて16万回を上回り、暦年で過去最高となった。このうち、国際線が同20%増の11万2019回と過去最高となった。国内線は同6%増の5万1487回と4年連続で前年を上回った。

総旅客数は同20%増の2321万人と開港以来初めて2300万人を上回り過去最高となった。国際線の旅客人数が同24%増の1625万人、このうち、外国人が同59%増の1001万人と1000万人を上回り、開港以来初めて日本人(607万人)を上回った。国内線は同11%増の696万人だった。

国際貨物取扱量は横ばいの69万7374トンだった。

また、大阪国際空港の航空機発着回数は横ばいの13万9434回、旅客人数も横ばいの1454万人だった。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品