小林可夢偉らがレッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダーに就任 | レスポンス(Response.jp)

小林可夢偉らがレッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダーに就任

自動車 ビジネス 国内マーケット

レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
  • レッドブル「Wings For Life World Run」アンバサダー就任発表会(2016年1月20日)
レッドブルが全世界で行っているランニングイベント「Wings For Life World Run」のアンバサダー就任発表会が1月20日、東京都内で行われた。

Wings For Life World Runは、脊椎損傷の治療研究への資金援助を目的としている。2014年にスタートし、昨年は日本でも滋賀県高島市で初開催された。世界中から集まった参加費と同額が、研究への助成をしているWings For Life財団に寄付される。

2015年は33カ国、35カ所で開催し、合計7万3360人が参加した(高島市では2024人)。全体で集まった約5億6500万円が財団に寄付された。今年は5月8日に昨年と同じ高島市で日本時間の20時にスタートする。

Wings For Life World Runアンバサダーには、レーシング・ドライバーの小林可夢偉選手、100kmマラソン世界記録保持者の砂田貴裕さん、日本せきずい基金の大濱眞理事長、エクストリーム・ペインターのTAKAさんが就任した。小林選手と砂田さんは前回に引き続き2回目だ。アンバサダーたちは会見で意気込みを語った。

小林選手「この1年間アンバサダーとしてやってきて、今年2年目。色々なことを伝えたい。マラソン自体がとても感動するものなんです」

砂田さん「私は2回目の参加になりますが、前回の日本大会は大きな事故もなく開催されて本当によかった。でも、伝えられなかったことがあったので、今回はアンバサダーとしてどこまでやっていけるか、というところです」

TAKAさん「去年は仲間6人と12kmくらい、車いすを押してもらって激走しました。ちょうどレッドブルアスリートのひとりが脱落するタイミングでした。そんな風にアスリートのみなさんと一緒に走ることができるのも醍醐味。今年もそれを楽しみにして仲間を集めたいと思います」

大濱理事長「脊髄損傷への治療は現実的になりつつあります。どこまでいけるのかな、というところを考えるにあたって『Wings For Life World Run』には非常に期待しています」
《大日方航@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品