アウディの新型EV、ブリュッセル工場で生産へ…2018年から

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ e-トロン・クワトロ コンセプト
  • アウディ e-トロン・クワトロ コンセプト
  • アウディ e-トロン・クワトロ コンセプト
  • アウディ e-トロン・クワトロ コンセプト
ドイツの高級車メーカー、アウディは1月20日、ブリュッセル工場で2018年から、新型EVを生産すると発表した。

この新型EVは2015年9月、アウディがフランクフルトモーターショー15で初公開したEVコンセプトカー、『e-トロン・クワトロコンセプト』の市販版。

同車は、SUVタイプのEVコンセプトカー。ボディサイズは、全長4880mm、全幅1930mm、全高1540mm。アウディのSUV、「Qモデル」では、『Q5』と『Q7』の中間サイズとなる。クーペのようなデザインでエアロダイナミクス性能を追求。Cd値は0.25と、SUVセグメントで最高の数値とした。

EVパワートレインは、モーターが3個で、フロントアクスルに1個、リアアクスルに2個を搭載する。3個のモーターの合計出力は、435ps。ブーストモードでは、最大出力503ps、最大トルク81.6kgm以上を引き出す。4輪を駆動するクワトロとなり、0-100km/h加速4.6秒、最高速210km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

二次電池は、蓄電容量95kWhの大容量リチウムイオンバッテリーで、キャビン下の前後アクスルの間に配置。1回の充電で最大500km以上の走行を可能にした。バッテリーのフル充電に要する時間は、およそ50分。

アウディは、このe-トロン・クワトロコンセプトの市販版を、ブリュッセル工場で2018年から生産する計画。同工場にはバッテリー工場も併設し、アウディが属するフォルクスワーゲングループの主要EV生産拠点に位置付けていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

    FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  8. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら