アクサのテレマティクス保険、担当者「楽しく、お得に、安全を届ける」

自動車 ビジネス 企業動向

アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
  • アクサダイレクト MIRAI DRIVE PROJECT
アクサダイレクトは、スマートドライブと、安全運転で保険料を割引くテレマティクス保険の開発を開始。この開発にあたっては多くのユーザーの運転データが必要となるため、安全運転を見える化し、未来の安全運転基準をつくることを目的とした、お客さま参加型プロジェクト「MIRAI DRIVE PROJECT」を発足させた。

同プロジェクトの企画制作を担当するMIRAI DRIVE PROJECT クリエイティブディレクターの有國恵介氏(ライゾマティクス テックマーケティング)は、このプロジェクトの指針は3つあると語る。

それは、「データで安全運転の基準をつくる。基準をつくることで安全運転を楽しいという新しい意識をつくる。その意識がクルマ社会全体を変えていくというものだ」と話し、「今回は最初なので安全運転に関しての気付きがテーマ。その後数年かけながらいろいろな施策を考え、ステージごとに活動していく」と述べる。そして、「テレマティクス保険ならアクサ。その理由は楽しいしお得というイメージを持ってもらいたい」とコメントした。

また、アクサ損害保険セールス&マーケティング本部ネクストイノベーションプロジェクト統括の輪島智仁氏は、安全運転の見える化について、「アクサグループがつくったYouDriveアプリケーションに、運転診断機能が付いており、このアプリをスマートフォンで使うことにより実際のドライバーのドライブデータを取得。そのデータからビッグデータを使って、運転がどのレベルのものかを数値化することで、安全運転を見える化する」と説明。

その結果、「ドライバー自身に何かしらの“気付き”を持たせ、安全運転は楽しいという新しい意識をつくることで、思いやりと優しさを基準にして運転を楽しむ”未来ドライバー”を育てていく」と輪島氏。そして、最終ゴールは、「自動車メーカーと同じように事故ゼロ、渋滞ゼロのクルマ社会をつくることだ」とした。

このプロジェクトの発足に伴い、ライゾマティクスによるコンセプトムービーもホームページ上などで公開。「最初は乱暴にクルマに乗っていた子供たちに、お母さんたちが、安全運転とはこういうものだ。思いやりとはこうだとやさしい手と声で語りかける。すると徐々に子供たちがルールに気付き、安全運転は楽しいと思い始めるという、まさに我々のプロジェクトの目指す世界を描いたものだ」と輪島氏は語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

    三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  2. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

    ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  4. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  5. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  6. メルセデス・ベンツ日本 上野社長「去年以上にできるくらいの勢いはある」

  7. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  8. オートバックス車検、パンクによるタイヤ交換などを補償する新サービスを無料で提供

  9. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  10. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

アクセスランキングをもっと見る