ANA、国際線貨物の燃油サーチャージを大幅引き下げ…2月1日から

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)グループは、2月1日から国際線貨物の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の運賃額を引き下げると発表した。

同社グループでは、燃油特別付加運賃を申請時点における直近1カ月の航空燃油市場価格の平均に基づいて見直している。昨年12月の同価格の1カ月平均が1バレル当たり48.44米ドルとなったため、改定する。

燃油サーチャージは、日本=北米・欧州・中東などの長距離路線が現行より1kg当たり14円引き下げて22円、日本=シンガポール・ベトナム・タイ・インドネシアなどの遠距離アジアが14円引き下げて20円、日本=韓国・台湾・中国・香港・フィリピンなどの近距離アジアが12円引き下げて17円となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

    ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  4. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  5. 三菱航空機、MRJの最終組立工場が完成

  6. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  7. オーストリア航空、ヘレス線・バーリ線を開設

  8. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  9. ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト=ケープタウン線を再開へ…12月2日から

  10. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

アクセスランキングをもっと見る