ANA、国際線貨物の燃油サーチャージを大幅引き下げ…2月1日から

航空 企業動向

ANA(参考画像)
  • ANA(参考画像)
全日本空輸(ANA)グループは、2月1日から国際線貨物の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の運賃額を引き下げると発表した。

同社グループでは、燃油特別付加運賃を申請時点における直近1カ月の航空燃油市場価格の平均に基づいて見直している。昨年12月の同価格の1カ月平均が1バレル当たり48.44米ドルとなったため、改定する。

燃油サーチャージは、日本=北米・欧州・中東などの長距離路線が現行より1kg当たり14円引き下げて22円、日本=シンガポール・ベトナム・タイ・インドネシアなどの遠距離アジアが14円引き下げて20円、日本=韓国・台湾・中国・香港・フィリピンなどの近距離アジアが12円引き下げて17円となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

    エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  3. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

    川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  4. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  5. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  6. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  7. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  8. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  9. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  10. スカンジナビア航空、新コンセプトラウンジ発表…4月から順次オープン

アクセスランキングをもっと見る