【東京オートサロン16】スポーティさと高級感を表現したワインレッド…コペン セロ クーペ

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
ダイハツが東京オートサロン2016に出展した『コペン セロ クーペコンセプト』は、スポーティさと高級感を表現すべく、深みのある赤に塗られている。

同社デザイン部デザイン室副主任の井上治郎さんによると、もともと『コペン』は、「軽自動車にありがちな、ドア断面が平面になることでの(クルマ自体が)弱い印象を払拭しようと豊かなドア断面を作った。その分キャラが濃いという声もあるが、これだけ重厚な軽自動車はなかなかない」と話す。

そのコペンをクーペ化したコペン セロ クーペコンセプトのボディカラーを深みのある赤にした狙いは、「少しスポーティな印象を持たせる赤系で、かつ少し高級感を持たせる意味で深いワインレッドになった」と説明。「コペンは可愛らしくライトウエイトスポーツの印象があるので、別の世界観、スポーティかつ高級感を表現したいと、ボディカラーとともにAピラーをはじめ各部位にメッキ処理を施した。この“きらきら”感も相まって、良い世界観ができたかなと思っている」と述べた。

また、同社デザイン部チーフデザイナーの和田広文さんも、「インパネにもボディ色を配したり、ドアトリム、ステアリングやシートにタンのレザーを使い、シートはクロスステッチにすることで、色のコーディネーションも楽しんでほしい」とした。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品