【東京オートサロン16】スポーティさと高級感を表現したワインレッド…コペン セロ クーペ

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
  • ダイハツ コペン セロ クーペコンセプト
ダイハツが東京オートサロン2016に出展した『コペン セロ クーペコンセプト』は、スポーティさと高級感を表現すべく、深みのある赤に塗られている。

同社デザイン部デザイン室副主任の井上治郎さんによると、もともと『コペン』は、「軽自動車にありがちな、ドア断面が平面になることでの(クルマ自体が)弱い印象を払拭しようと豊かなドア断面を作った。その分キャラが濃いという声もあるが、これだけ重厚な軽自動車はなかなかない」と話す。

そのコペンをクーペ化したコペン セロ クーペコンセプトのボディカラーを深みのある赤にした狙いは、「少しスポーティな印象を持たせる赤系で、かつ少し高級感を持たせる意味で深いワインレッドになった」と説明。「コペンは可愛らしくライトウエイトスポーツの印象があるので、別の世界観、スポーティかつ高級感を表現したいと、ボディカラーとともにAピラーをはじめ各部位にメッキ処理を施した。この“きらきら”感も相まって、良い世界観ができたかなと思っている」と述べた。

また、同社デザイン部チーフデザイナーの和田広文さんも、「インパネにもボディ色を配したり、ドアトリム、ステアリングやシートにタンのレザーを使い、シートはクロスステッチにすることで、色のコーディネーションも楽しんでほしい」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. トヨタ5ナンバーセダン、ダンベルで鍛えあげた!? プレミオ/アリオン[フォトレポート]

    トヨタ5ナンバーセダン、ダンベルで鍛えあげた!? プレミオ/アリオン[フォトレポート]

  2. 【ポルシェ 718ケイマン】日本初公開…受注は1年前の3倍ペース

    【ポルシェ 718ケイマン】日本初公開…受注は1年前の3倍ペース

  3. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  4. 日産 キューブ、最廉価モデルに本革巻きステアリングを標準装備

  5. ルノー アラスカン 初公開…ブランド初のピックアップトラック

  6. 【グッドウッド16】ホンダ シビック、WTCCレーサーに「アートカー」…アニメがモチーフ

  7. BMW 3シリーズ 次期型、高速テストでシルエットを確認

  8. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  9. ロータス 3-イレブン の生産開始…歴代モデル最速

  10. エスティマ チーフエンジニア、語る…木更津の風景とワンモーションフォルム[フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る