プロトン、英リカルド社と新型エンジンを共同開発…燃費25%向上

自動車 ビジネス 企業動向

マレーシアの自動車大手、プロトンは1月18日、英国のリカルド社と市販車用の新型エンジンを共同開発すると発表した。

リカルド社は、英国に本拠を置き、エンジンやトランスミッション、車両システム、ITS、ハイブリッドシステムなどを手がけている。

プロトンとリカルド社が共同開発するのは、市販車用の新型エンジン。全てガソリンで、6機種を予定。2018年から、プロトン全車種に搭載を計画している。

3気筒エンジンは、排気量が1.0リットルと1.2リットル。4気筒エンジンは、直噴の「GDI」で、排気量が1.3リットルと1.5リットル。4気筒はそれぞれに、直噴ターボの「TGDI」版も開発される。

プロトンは、「新型エンジンは燃費を平均で25%向上。それでいて、パフォーマンスは20%引き上げる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  4. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  5. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  6. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 日系自動車メーカーの海外生産、7年連続増加の1830万台…2015年度

  9. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  10. ポルシェ、デジタル事業の新会社を設立へ

アクセスランキングをもっと見る