「マツ耐」2016年度は、4月10日のSUGOを皮切りに全5戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
ビースポーツは、マツダ市販車で参加できる耐久レース「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」の2016年度実施概要を発表した。

2016年度は、スポーツランドSUGO(宮城県)、筑波サーキット(茨城県)、袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)、岡山国際サーキット(岡山県)、オートポリス(大分県)の5サーキットを舞台に、計5戦の開催を予定している。

ルマン24時間レースで日本の自動車メーカーとして初めて、そして唯一の優勝を成し遂げたマツダ。「マツ耐」は、そのスピリッツが受け継がれ開発されるマツダ車のユーザーにこそ耐久レースの魅力を肌に感じてもらいたいという考えのもと、2012年からスタートした参加型サーキットイベントだ。

競技ルールはシンプルで、150分(2時間30 分)という規定時間内にどれだけ多くサーキットを周回できるかを競う。ドライバーは1 チームにつき1名から4名までが登録でき、登録ドライバーの人数に関わらず、レース中に3回のピットインを義務付けている。また、ガソリン満タンでスタートし、途中の給油は一切禁止。ガス欠でチェッカーを受けられない場合には順位認定がされない。

出場クラスは、『ロードスター』をはじめ、『デミオ』『アクセラ』などの車種別に加え、改造の有無に応じて計34クラスに分かれ、街乗りのマツダ車ユーザーであれば誰でも参加できる。

参加料金は1大会につき5万円。競技の安全性を高めるための「HANS割引」や、新たなマツダファンの参加を促進する「新車割引」、愛車を長く大切にしている人のための「旧車割引」も設定する。

■2016年度暫定カレンダー
・4月10日(日) スポーツランドSUGO(宮城県)
・7月17日(日)オートポリス(大分県)
・8月28日(日)筑波サーキット(茨城県)
・10月23日(日)袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)
・12月4日(日) 岡山国際サーキット(岡山県)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「特等席から語るこのシリーズの面白さ」…鈴鹿1000km直前インタビュー前編

    【SUPER GT】脇阪寿一監督「特等席から語るこのシリーズの面白さ」…鈴鹿1000km直前インタビュー前編

  2. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

    【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

  3. 【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

    【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

  4. レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

  5. フェラーリ レーサー、公道での使い勝手をレポート[動画]

  6. 【スーパーフォーミュラ第4戦】30台のホンダF1マシンがホンダコレクションホールで特別展示…10月10日まで

  7. VW GTIデビュー40周年記念イベント開催、9月9日 袖ヶ浦

  8. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  9. トヨタのラリー選手育成プログラム、フィンランドで2台ともに完走

  10. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『NCXX RACING レースクイーン』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら