「マツ耐」2016年度は、4月10日のSUGOを皮切りに全5戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
ビースポーツは、マツダ市販車で参加できる耐久レース「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」の2016年度実施概要を発表した。

2016年度は、スポーツランドSUGO(宮城県)、筑波サーキット(茨城県)、袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)、岡山国際サーキット(岡山県)、オートポリス(大分県)の5サーキットを舞台に、計5戦の開催を予定している。

ルマン24時間レースで日本の自動車メーカーとして初めて、そして唯一の優勝を成し遂げたマツダ。「マツ耐」は、そのスピリッツが受け継がれ開発されるマツダ車のユーザーにこそ耐久レースの魅力を肌に感じてもらいたいという考えのもと、2012年からスタートした参加型サーキットイベントだ。

競技ルールはシンプルで、150分(2時間30 分)という規定時間内にどれだけ多くサーキットを周回できるかを競う。ドライバーは1 チームにつき1名から4名までが登録でき、登録ドライバーの人数に関わらず、レース中に3回のピットインを義務付けている。また、ガソリン満タンでスタートし、途中の給油は一切禁止。ガス欠でチェッカーを受けられない場合には順位認定がされない。

出場クラスは、『ロードスター』をはじめ、『デミオ』『アクセラ』などの車種別に加え、改造の有無に応じて計34クラスに分かれ、街乗りのマツダ車ユーザーであれば誰でも参加できる。

参加料金は1大会につき5万円。競技の安全性を高めるための「HANS割引」や、新たなマツダファンの参加を促進する「新車割引」、愛車を長く大切にしている人のための「旧車割引」も設定する。

■2016年度暫定カレンダー
・4月10日(日) スポーツランドSUGO(宮城県)
・7月17日(日)オートポリス(大分県)
・8月28日(日)筑波サーキット(茨城県)
・10月23日(日)袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)
・12月4日(日) 岡山国際サーキット(岡山県)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

    怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  2. レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

    レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

  3. 【WEC 第4戦】ニュル戦はポルシェ1号車が勝利…トヨタ勢は5-6位

    【WEC 第4戦】ニュル戦はポルシェ1号車が勝利…トヨタ勢は5-6位

  4. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  5. 【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『バンテリンレースクイーン』

  6. 【F1 日本GP】レッドブルドライバーに会えるプレミアム観戦ツアー、参加者募集中

  7. 【SUPER GT 第4戦】GT500決勝…近藤真彦監督のKONDOレーシング、佐々木&柳田 GT-Rが優勝

  8. 【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『ネッツ多摩ティーズファクトリーレディ』

  9. 【SUPER GT 第4戦】GT300決勝…新型プリウスの嵯峨宏紀&中山雄一が今季初優勝

  10. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら