「マツ耐」2016年度は、4月10日のSUGOを皮切りに全5戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
  • マツダファン・エンデュランス(マツ耐)
ビースポーツは、マツダ市販車で参加できる耐久レース「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」の2016年度実施概要を発表した。

2016年度は、スポーツランドSUGO(宮城県)、筑波サーキット(茨城県)、袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)、岡山国際サーキット(岡山県)、オートポリス(大分県)の5サーキットを舞台に、計5戦の開催を予定している。

ルマン24時間レースで日本の自動車メーカーとして初めて、そして唯一の優勝を成し遂げたマツダ。「マツ耐」は、そのスピリッツが受け継がれ開発されるマツダ車のユーザーにこそ耐久レースの魅力を肌に感じてもらいたいという考えのもと、2012年からスタートした参加型サーキットイベントだ。

競技ルールはシンプルで、150分(2時間30 分)という規定時間内にどれだけ多くサーキットを周回できるかを競う。ドライバーは1 チームにつき1名から4名までが登録でき、登録ドライバーの人数に関わらず、レース中に3回のピットインを義務付けている。また、ガソリン満タンでスタートし、途中の給油は一切禁止。ガス欠でチェッカーを受けられない場合には順位認定がされない。

出場クラスは、『ロードスター』をはじめ、『デミオ』『アクセラ』などの車種別に加え、改造の有無に応じて計34クラスに分かれ、街乗りのマツダ車ユーザーであれば誰でも参加できる。

参加料金は1大会につき5万円。競技の安全性を高めるための「HANS割引」や、新たなマツダファンの参加を促進する「新車割引」、愛車を長く大切にしている人のための「旧車割引」も設定する。

■2016年度暫定カレンダー
・4月10日(日) スポーツランドSUGO(宮城県)
・7月17日(日)オートポリス(大分県)
・8月28日(日)筑波サーキット(茨城県)
・10月23日(日)袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県)
・12月4日(日) 岡山国際サーキット(岡山県)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  4. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  5. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  6. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  7. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  8. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  9. 1200馬力対決! フルチューンの GT-R vs ブガッティ ヴェイロン[動画]

  10. アブダビ警察の日産 GT-R、フェラーリ 458 を追撃[動画]

アクセスランキングをもっと見る