人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【カーライフよろず知恵袋】「ワイドFM」の楽しみ方 その3…メリットと楽しさのキモ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

今月の当コーナーは、「ワイドFM」に焦点を当てている。これまでは、これが何であるのかをご紹介してきた。今週は、このメリットについて解説していこうと思う。「ワイドFM」の“楽しさのキモ”はどこにあるのか…。じっくりとお読みいただきたい。

これまでの話を一旦、整理しておく。「ワイドFM」とは、地上波アナログ放送の一部で使われていた、90.1MHzから95.0MHzまでのFM電波を使い、「災害対策」および「難聴対策」のために放送されるものである。そして普段は「難聴対策」として機能する。ゆえに、“AMラジオ”の番組が、そのままリアルタイムで“FM電波”でも流される。これが「ワイドFM」についての概要である。

これが我々に、どのようなメリットをもたらすのかと言うと…。

結論は以下だ。「AMラジオの楽しさを、よりクリアな電波で享受できる」。これに尽きる。

ところで、そもそも“AM電波”と“FM電波”には特性に違いがある。結果、それぞれの特性に鑑み、それぞれのメリットが活きる形の番組作りがされてきた。

特性の違いとは、以下だ。

“AM電波”:障害物を回り込む性質があり、遠くまで届く。しかし、ノイズが入りやすい。
“FM電波”:障害物に弱く、“AM放送”に比べ遠くまで届かない。しかし、ノイズに強い。

結果“AMラジオ”は、広範囲に伝えたいことを放送すべく、ニュースや交通情報に力が入れられ、かつ、聴き取れればOKという観点からトーク番組が主体となった。さらには、スポーツ中継にも力が入られた。対して“FM放送”では、クリアであることを最大限活かすべく、音楽番組に力が入れられた。

しかし…。トーク番組であっても、クリアに聴けたならさらに楽しくなることは間違いない。プロ野球中継にしても、クリアに聴けたならスタジアムの空気感も伝わるかもしれない。“AMラジオ”の持ち味が、“FM”でさらに伸長する可能性があるのだ。“AMラジオの番組”を“FM電波”で聴くことで、我々は“AMラジオ”の新たな魅力に触れることができる、のである。

「ワイドFM」は想像以上に楽しそうに思えるのだが、いかがだろうか。

さて次週からは、「ワイドFM」に対応したオーディオユニットの紹介に入っていく。お楽しみに。

【カーライフよろず知恵袋】FMでAM放送!? 「ワイドFM」の楽しみ方 教えます! その3 「楽しさのポイントとは?」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

    ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

  2. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

    「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  3. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  4. ナビタイム、通信カーナビ開発支援ソリューションを提供開始

  5. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  6. ビーウィズ、パガーニ ゾンダ希竜へのオーディオ納入を記念した限定モデル発表

  7. 上級機のサウンドチューニング能力検証…レインボウ・DSP1.8 + WiFi Moduleの見どころ総括

  8. テスラ、自動運転中の死亡事故に声明「完璧ではなく注意が必要」

  9. 【日産 プロパイロット】イメージは副操縦士…まずはセレナで高速道路の単一車線から

  10. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

アクセスランキングをもっと見る