超稀少なポルシェ 906 も走った…8a COPPA DI SUZUKA2016開催 | レスポンス(Response.jp)

超稀少なポルシェ 906 も走った…8a COPPA DI SUZUKA2016開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ポルシェ 356B(左)とポルシェ 906(右)
  • ポルシェ 356B(左)とポルシェ 906(右)
  • ポルシェ 906
  • ポルシェ 906
  • ポルシェ 906
  • ポルシェ911(左)と911カレラS(右)
  • ルノー ドーフィンゴルディーニ(左)とポルシェ366C(右)
  • 左からアルファロメオ 2000GTV、フェラーリ F40、ポルシェ 356A
  • フォード エスコートRS1600Mk1(左)とアルファロメオ ジュリアスプリントGTA(右)
1月17日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてクラシックカーの走行会、「8a COPPA DI SUZUKA2016」が開催された。主催はコッパディ鈴鹿実行委員会。

50年以上の歴史を持つ鈴鹿サーキット伝統の開幕戦、ゴールデントロフィーのひとコマとして、今年もクラシックカーイベント、8a COPPA DI SUZUKA2016が開催された。

クラスは、「ポルシェ博士とその系譜」、「クラシコ・イタリアーナ」、「英国及びヤングタイマー」と大きく3つに分かれており、合計30台強のエントリーがあった。特に今回はポルシェ『356』、『911』をはじめとしたポルシェが多数参加。その中でも注目は『906』だ。フラット6のレーシングエンジンを搭載したこのマシンは、全生産台数65台ともいわれており、大いに注目を集めていた。

開催当日は穏やかな日差しの中、参加車両がパドックに集合。新年の挨拶とともに走行会はスタートした。コースは約2.2kmの東コースを使用。最初の2周は、同イベントのスポンサーである渡辺自動車が用意した、マセラティ『グラントゥーリズモ』とジャガー『Fタイプ』が先導し、各エントラント車両の同乗走行が行われた後、約20分のフリー走行となった。

各エントラントは、走行時間枠全てを使うドライバー(最多は29ラップ)、時々ピットインして休憩を取りながら走るドライバーなど、それぞれのペースでクルマとサーキットを楽しんでいる姿が印象的であった。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品