【東京オートサロン16】LFA が幕張メッセを疾走…白熱のD1キックオフ

自動車 ニューモデル モーターショー

2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
  • 2016D1キックオフドリフト
1月15日から17日に開催された「東京オートサロン2016」の会場内で、恒例のD1車両によるデモラン「D1キックオフドリフト」が開催され、多くの観客で賑わった。

今回は2015年シーズンの上位8人が登場。幕張メッセ屋外会場に設けられた特設コースで今年も迫力ある接近戦のドリフトが展開され、連日ギャラリーは黒山の人だかりとなった。

中でも人気だったのが今村陽一が駆るD1仕様に改造されたレクサス『LFA』。エンジンはNASCAR用のV8エンジンに換装されているが、最大出力は1000馬力級といわれており、ビックパワーとスーパーカーならではの大型なボディから繰り出されるドリフトは迫力満点。今村も観客の声援を受け、相手のマシンにドリフトしながら接触寸前まで迫る走りをみせた。

普段はお台場の特設会場以外はサーキット開催が多く、ファンも離れた位置からしか観ることができないが、ここ幕張メッセの特設コースはギャラリーの距離もシリーズ戦より近く低速コースになるため、接近戦のバトルが見られやすいのも特徴。ギャラリーの中には初めてD1の走りを見るという方も多く、その迫力に興奮している方も多かったようだ。

今年は単独で走ってドリフトの精度を競う「単走」と、2台が同時に走り、より相手のドリフトに接近しながら走れるかを競う「追走」など本番さながらのセッションが行われた。昨年まではデモイベントとしてトーナメントが組まれていたが、今年はリーグ戦のような形で対戦カードが組まれ、最後に誰が1番かっこいいドリフトを決めたかという「今日イチ」をファンの拍手で決めることに。最終日は今村への拍手も多かったが、それを上回ったのが以前から白煙を上げながら大迫力のドリフトをみせることで有名な斎藤太吾が今日イチを獲得した。

注目のシリーズ戦は3月26・27日に東京・お台場の特設コースで開幕。第1戦とエキシビション戦が行われる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  8. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  10. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら