【東京オートサロン16】軽のテスタロッサに和製プリムス、日本自動車大学校の意欲作たち

自動車 ニューモデル モーターショー

ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ベース車を想像できないほどのオリジナル作品で来場者を驚かせたNATS日本自動車大学校ブース(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
NATS日本自動車大学校の作品群のなかでは、“和製エンジンを積んだプリムス”、“軽サイズのテスタロッサ”“660ccのメルセデス”といったクルマが注目を集めていた。その変身振りからベース車を当てるのは難しいが、写真から想像してみてほしい。

フロントガラスはどこかで見た印象、往年のアメ車・プリムス『ロードランナー』を彷彿させるブルーの「UMC DO-RO RUNNER」は、なんとトヨタ『クラウン』(平成4年式、E-JZS141)がベース。「マツダのNAロードスターのキャビンを追加している」とスタッフは話していた。

また、白いフェラーリ『テスタロッサ』ケーニッヒ仕様を小さくしたような「663 TR」は、ホンダ『ビート』(平成3年式、E-PP1)がベース。インテリアに目をやると、ビートの特徴的なインパネや計器類も赤く塗られていて、まるで別物の雰囲気。「テールランプは日産『キューブ』のものを流用した」とスタッフ。

さらに、古きよきメルセデスの名車を想起させる黒い「BlackOpal Show-Spec」は、「NATSと哀川翔さんのコラボカスタム。翔さんからの、こんなクルマがあったらなぁ…という原案をもとに、NATSカスタマイズ科が製作を担当した」というこのクルマのベースは、ダイハツ『コペン』(平成14年式、LA-L880K)。

NATS日本自動車大学校ブースでは、これらのほかにもベース車が想像できぬほどのオリジナル作品が並べられ、来場者たちの注目を集めていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  2. 【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

    【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

    【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

  4. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  5. ホンダ NSX 新型、早くも納車待ちが2年…北米

  6. 【ホンダ NSX 新型】11年ぶりの復活…3年間でグローバル6000台の販売計画

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. ホンダ、欧州で「ZSX」商標登録…ベイビー NSX か

  9. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者「景気動向に左右されない柔軟な生産ライン」

  10. 【日産 セレナ 新型】ちょっとほしくなったかも…山本耕史が意味深発言?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら