神奈川県、「ガソリンベーパー」抑制をテーマとしたシンポジウムを開催…1月25日

自動車 社会 行政

神奈川県は、PM2.5など大気汚染物質改善に向け、「『ガソリンベーパー』を考えるシンポジウム」を1月25日、横浜情報文化センターにて開催する。参加は無料。

「ガソリンベーパー」とは、ガソリンから発生する蒸気のこと。身近なところでは、ガソリンスタンド(GS)で給油する際に見える「透明なモヤモヤ」がガソリンベーパーだ。ガソリンベーパーは、GS独特のにおいのもとであり、PM2.5や光化学スモッグなどの原因のひとつと考えられている。

神奈川県では、このガソリンベーパー対策として、「ORVR(車搭載型燃料供給時蒸気回収装置)車」の早期普及を目指している。ORVR車とは、給油時、走行時、駐車時の自動車から大気中へ放出されるガソリンベーパーを車体内で回収し、燃料として再利用できる車のこと。ORVR車が普及することで、ガソリンベーパー放出を防ぎ、PM2.5や光化学スモッグの発生抑制につながると期待されている。

シンポジウムでは、交通安全環境研究所の山田裕之主席研究員による基調講演「日米欧におけるガソリンベーパー対策の現状」に続き、パネルディスカッション「ガソリンベーパーを考える―ORVR車って何?―」を開催する。

パネルディスカッションでは、日本EVクラブの舘内端代表がコーディネーターをつとめ、パネリストには山田主席研究員のほか、慶應義塾大学理工学部の飯田訓正教授、持続可能な社会をつくる元気ネットの鬼沢良子事務局長、神奈川県環境農政局環境部の加藤洋大気水質課長が参加。ORVR車の疑問について、パネルディスカッションを通して解き明かしていく。

定員は200名で、FAXまたはWebサイトから申し込みを受付けている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  3. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  4. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  5. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  6. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  7. 軽自動車限定免許での「軽自動車運転」は無免許運転にあたらず

  8. 首都高で200km/h暴走、4人を逮捕 死亡事故で発覚

  9. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  10. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

アクセスランキングをもっと見る