【ダカール16】ホンダ、ベナバイズが総合4位に浮上…ステージ12

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
  • ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
  • ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
  • ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
  • ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
  • ケビン・ベナバイズ(ホンダ サウスアメリカ ラリーチーム)
ダカールラリー2016は1月15日、雲に覆われた前半のステージとは打って変わり、夏らしい気温と晴天が広がる中、アルゼンチン サン・フアン~ビージャ・カルロス・パスでステージ12が行われた。

SSのスタート地点までの長いリエゾンステージへと、参加者たちは早朝にビバークを出発。午前9時20分から始まったステージ12の競技区間は481kmと長く、厳しい状況の路面が点在することから、後半戦最後の勝負どころに位置づけられていた。

この日、ホンダ サウスアメリカ ラリーチームのケビン・ベナバイズは6番手と、タイムを縮めるには絶好のポジションからスタート。481kmのステージは、ガレ場などが多く、ペースを上げれば、その分リスクも高まる気の抜けないものだった。

ステージ12に用意された11か所のウエイポイント(GPSの通過点)の通過区間タイムを、ベナバイズは常に3番手以内とし、好ペースを保った。ステージ中盤にはさらにスパートをかけ、その後も乱れることなく、ステージ3位でゴールした。総合3位だったKTMのアントワン・メオが、終盤の転倒によるタイムロスで総合6位にダウンした結果、ベナバイズが総合4位と順位を上げた。

チームHRCは、リッキー・ブラベックがステージ17位、総合9位。パオロ・セッシがステージ16位、総合33位だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

    【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  4. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  5. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  6. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

  7. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  8. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  9. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る