【東京オートサロン16】街乗りからラリー競技まで…テイン、ショックアブソーバ16年モデルを先行展示

自動車 ビジネス 国内マーケット

2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示したテイン(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
テイン(横浜市)は2016年春夏発売予定のショックアブソーバ6種類を先行展示。「1ランク上の耐久性と乗り心地」をうたう「STREET SPORT」シリーズ2タイプと、クロカン4駆向け「4x4 DAMPER」シリーズ4タイプを並べ、スタッフたちがユーザーに新商品のポイントを説明していた。

新機構ハイドロバンプストッパー(H.B.S.)搭載の純正形状ショックアブソーバ「STREET SPORT」シリーズは、快適性・操縦安定性が向上し、オイル容量・各部剛性アップにより耐久性も大幅向上を達成させたもの。シリーズ「BASIS」は車種毎にベストなセッティングができる減衰力固定式が、「ADVANCE」は16段伸縮同時減衰力調整機構が採用されている。

いっぽう、高い耐久性と走破性を備えたクロカン4駆向けショックアブソーバ「4x4 DAMPER」シリーズは、市街地の快適ドライブから砂漠を高速で駆け抜ける本格的ラリーレイド競技用まで、4ステップをラインナップ。

会場には、単筒式+別タンク構造と温度補償バルブが組むことで、高い走破性と耐久性を実現させた「PREMIUM」をはじめ、シンプルな機構で圧倒的使いやすさの「SPORT」、長距離オフロード走行を想定して開発された「GRAVEL」、砂漠を駆けるような競技用車両向け「RALLY」などが展示されていた。SPORTとGRAVELは今夏発売予定だ。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品