【東京オートサロン16】「6輪Gクラス」の足回り受け継ぐメルセデス G550 4x4 2 を日本初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • 『G 550 4x4 2』を国内で初公開したメルセデス・ベンツ日本(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
メルセデス・ベンツ日本ブースは、『G550 4x4 2』を国内初公開。スペックやプロフィールなどの掲示はいっさいないが、6輪駆動車として話題となった『G63 AMG 6x6』の足回りを採用し、車高を大幅にアップした特別仕立てのGクラスに、熱い視線が注がれていた。

2014年に登場した G63 AMG 6x6 は、豪国防軍向けなどの軍用モデルを市販化した6輪駆動車。G63のホイールベースが延長され、最低地上高を稼ぐためにリダクションハブを採用。AMG製5.5L・V8ツインターボ・エンジンが、前1+後2の3軸をまわし、前1+後4の5つのデフを介して悪路を駆け抜ける。

会場に置かれた G550 4x4 2 では、8000万円もする G63 AMG 6x6 から受け継がれた足回りをローアングルからじっくりと見ることができる。“G最強オーラ”を放っていたこの G550 4x4 2 。日本導入はいつごろか、価格はいかほどか、乗用車における世界初のタイヤ空気圧調整システムなどが継承されているかどうなど、気になるところだ。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品