ヤナセ最新CMを先行公開! メルセデスが走っていた場所は…[動画]

自動車 ビジネス 国内マーケット

ヤナセ 企業CM 夜明け篇
  • ヤナセ 企業CM 夜明け篇
  • ヤナセ 企業CM 朝日篇
輸入自動車販売大手のヤナセが1月17日より放映を開始する新CM動画を先行して入手した。レスポンスでは、この動画2本を放映前に独占してお届けする。

ヤナセのCMと言えば、ジョージ・ガーシュウィンの名曲『ラプソディ・イン・ブルー』をバックに、メルセデス・ベンツのボンネットに映る銀座の夜景を捉えた「ヤナセ企業CM 銀座篇」など、同社が扱う輸入高級車の優美な世界観を表現した独特のものが多い。

2015年12月には、同じく『ラプソディ・イン・ブルー』をBGMに、東京の風景を幻想的に映しだした「ミラー篇」が話題を集めたばかりだ。

今回編集部が入手した新CM動画は「朝日篇」と「夜明け篇」の2本。実はこの2本のCMは、先述の「ミラー篇」の回答的作品でもある。一見、現代アートの映像作品のように見える「ミラー篇」は、レインボーブリッジを走行するメルセデスベンツ『180』の様子を、ミラーエフェクトという技法を用いて撮影したものだが、「朝日篇」と「夜明け篇」は同じくレインボーブリッジを駆けるメルセデスの様子を、シンプルに映し出している。BGMはもちろん『ラプソディ・イン・ブルー』だ。

暁のレインボーブリッジと朝焼けのレインボーブリッジ、全く同じ場所で全く同じ動画ながら、これほどまでに違った顔を見せる動画は、下記から視聴できる。

◆朝日篇


◆夜明け篇
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  6. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  7. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら