ATTTアワード、4部門の募集を開始…自動運転/AI部門を新設

自動車 テクノロジー 安全

第6回 ATTTアワード 表彰式(2015年)
  • 第6回 ATTTアワード 表彰式(2015年)
国際自動車通信技術展実行委員会では、ATTT(国際自動車通信技術展)の開催に合わせて、ATTTアワードへのエントリー商品・サービスの募集を1月15日より開始した。

ATTTアワードは、モバイル、IT、モビリティの融合による技術革新によって開発された商品、サービスやソリューションについて、4つのテーマで部門を設け表彰するもの。3月16日から18日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第7回国際自動車通信技術展」に合わせて実施される。今回よりナビゲーション部門に代わり、自動運転/AI部門を新設した。

■募集部門
・先進安全・環境技術部門
情報通信技術を用いて、安全・環境分野において革新的取り組みとなった製品/サービスに授与する。

・自動運転/AI部門
自動運転の実現に寄与する機能や技術をはじめ、自動車の高度な進化を推進させるAI関連技術などを対象に授与する。

・コンテンツ・サービス部門
交通関連のアプリ市場において、先進的かつ画期的なスマートフォン・タブレットPC向けアプリを対象に授与する。

・社会ソリューション部門
高齢化、過疎化などの社会的な課題に対しITを活用したサービスや技術などのソリューションを提供している企業、および団体を対象に授与する。

■選考委員会
・選考委員長
夏野剛(慶應義塾大学大学院政策メディア研究科特別招聘教授)
・選考委員
神尾寿(IT・自動車ジャーナリスト)
林信行(ジャーナリスト)
西田宗千佳(ITジャーナリスト)
三浦和也(レスポンス編集長)
園部修(アイティメディア スマートコンシューマー事業部ガジェット統括部長)
岩貞るみこ(モータージャーナリスト)
遠藤諭(角川アスキー総合研究所 主席研究員)

■エントリーについて
自薦、他薦問わずエントリーすることができる。

エントリー方法:国際自動車通信技術展ウェブサイトからエントリーシートをダウンロード、必要事項を記入の上、事務局へ送信する。
対象期間:エントリーする商品・サービスは、2015年3月14日~2016年3月16日=第6回国際自動車通信技術展の会期終了後から第7回展の会期初日までに上市された商品、サービスに限る。
募集期間:1月15日~2月10日
結果発表:2月下旬に受賞者へ通知、3月16日に表彰式を開催

■第7回国際自動車通信技術展
会期:3月16日~18日
10時~17時(最終日は16時まで)
会場:東京ビッグサイト
主催:国際自動車通信技術展実行委員会
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

    革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

  2. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

    【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  4. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  5. 予算20万円でカーオーディオの「低音を強化する」

  6. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  7. クラリオン、フルデジタルサウンド試聴会を千葉と愛知で開催

  8. ZMP、物体検出機能を搭載したステレオビジョンパッケージを発売

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

アクセスランキングをもっと見る