スキーバス転落事故、乗員と乗客14人死亡 国交省夜にも会見

自動車 社会 社会

スキーツアーの大型バスが対向車線を横切り道路わきの沢に転落、乗客と乗員14人が死亡、27人が重軽傷を負った事故で、国土交通省は石井啓一国交相をトップとする「軽井沢スキーバス事故対策本部」を設置した。

同省は事故現場となった長野県軽井沢町に長野運輸支局の職員を派遣したほか、バス会社「イーエスピー」(東京都羽村市)に職員が特別監査に入り、事故原因の究明に着手している。

イーエスピーは14年4月に貸し切りバスの経営許可を受けたが、15年2月に同社が運転手10人に定められた健康診断を受けさせなかったり、出発前の点呼を怠っていたことが問われた。今月13日、道路運送車両法に基づく行政処分を受け、バス1台の運行停止処分を受けたばかりだった。

事故は15日深夜1時55分頃、長野県軽井沢町の国道18号線(碓井バイパス)の入山峠付近で起きた。運行管理者が作成した行程表では乗客39人を乗せて14日23時に東京都渋谷区を出発し、関越道や上信越道などを経由し、翌15日朝8時頃に斑尾高原に到着する予定だった。しかし実際は行程表と違うルートを通って事故を起こしている。

異なるルートを走ることが禁じられているものではないが、資格を持つ社内の運行管理者の承諾を得て、行程表を修正しなければならない。バスを運転していた土屋広さん(65)と勝原恵造さん(57)の2人の運転手は死亡しているため、なぜルートを変更したかは不明の状態だ。

国土交通省は今夜にも会見を行う予定だ。
《中島みなみ》

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 集団暴走のバイクと誤認、無関係なバイクを抑止して事故を誘発

    集団暴走のバイクと誤認、無関係なバイクを抑止して事故を誘発

  2. 国交省、「ダブル連結トラック」の走行実験を実施へ…自動運転も想定

    国交省、「ダブル連結トラック」の走行実験を実施へ…自動運転も想定

  3. チャイルドシートは搭載されていたが…衝突事故で授乳中の乳児が死亡

    チャイルドシートは搭載されていたが…衝突事故で授乳中の乳児が死亡

  4. オイルが路面に流出…立ち往生していたトレーラーに大型トラック追突

  5. バス車両転覆時の車体強度など規則改正…貸切バスの安全

  6. 今最も環境にやさしい自動車用燃料は天然ガス? その魅力と課題とは

  7. 貸切バスの運賃・料金に関する「通報窓口」を設置

  8. レンタカー業と旅客運送事業の範囲を線引き…グレーゾーン解消制度

  9. 天然ガス、石油に代わるエネルギーとなるか

  10. 重量オーバーを実名告発...高速道路機構と中日本高速

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら