【東京オートサロン16】創立80周年のNGK、プレミアムRXプラグの知名度向上ねらう

自動車 ニューモデル モーターショー

日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)ブース(東京オートサロン16)
  • 国産F1マシン「コジマKE007」(東京オートサロン16)
  • 日本特殊陶業 マスコットキャラクターのスパーキー(東京オートサロン16)
主にスパークプラグを生産する日本特殊陶業(NGKスパークプラグ)は、1月15日から17日にかけて幕張メッセで行われているカスタマイズショー「東京オートサロン2016」に出展。ブース内で特に力を入れて行われている展示が、「プレミアムRXプラグ」だ。

スパークプラグとは、その名の通りスパーク(火花)をエンジンの燃焼室内で発生させ、ガソリンに点火する大事な部品。説明員は「現状、新車の(スパークプラグの)9割にはイリジウムプラグが使用されている。着火性能が高いプレミアムRXプラグに替えることで、燃費性能が向上する」と言うが、プレミアムRXプラグの知名度はまだまだ低いという。「プレミアムRXプラグは登場からすでに3年以上。もっと多くの人に知ってもらいたい」と、今回の展示の狙いを説明する。

この他にもブース内ではイグニッションコイルの展示も行われている。これは昨年の秋に発売したもので、スパークプラグに必要な高電圧を作り出す部品だ。「以前は車両にイグニッションコイルが1つしかついていなかったが、今はエンジンの各気筒に付くのが主流。その方が制御する際に効率がいい」と話す説明員。日本特殊陶業のイグニッションコイル開発は、長年のスパークプラグ開発で養われた技術が使われているという。

今年は日本特殊陶業の創立80周年。モータースポーツとの関わりは1930年代からあり、ブースでは1976年に行われた日本初のF1選手権に参戦し、NGKスパークプラグを装着した国産F1マシン「コジマKE007」の実車を展示している。一時行方不明になっていたが、偶然見つけることができ、今回の展示に至ったということだ。

ブース内ではステージイベントもあり、本物の四輪用エンジンのスパークプラグ交換体験や、ゲームなども行われる。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

    セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  4. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  5. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  9. 【パリモーターショー16】オペル アンペラe 市販版を公開へ

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら