セコム、ドローンの侵入を自動で検知・追跡・監視するシステムを販売 | レスポンス(Response.jp)

セコム、ドローンの侵入を自動で検知・追跡・監視するシステムを販売

航空 企業動向

セコムは、重要施設に侵入したドローンを検知する新システム「セコム・ドローン検知システム」の販売を開始する。

「セコム・ドローン検知システム」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術を使って、複数の検知方法で24時間365日切れ目なく、侵入したドローンを迅速、正確に検知する。

ドローンは、航空撮影や災害時の調査、物資の配送などさまざまな分野での活用が期待されている。一方で、各種施設や、多くの人が集まるイベント会場などでの落下事故も発生しており、今後、ドローンを悪用した犯罪の危険性も懸念されている。

こうした事態に対応するため、セコムでは、重要施設に侵入したドローンを自動的に検知し、リアルタイムにカメラで追跡、異常を通知する「セコム・ドローン検知システム」のサービスを提供する。

システムでは、カメラ搭載可能な一般的に普及しているドローンが、監視対象の半径100メートル以内の距離に接近してきた際、レーダーで自動的に検知、侵入と判断し、監視卓に飛行物体の方向と距離を表示する。同時に、3D指向性マイクがレーダーで検知した方向の音を集音するとともに、レーダーに連動した近赤外照明付高速パンチルトズームカメラが飛行物体を自動で追跡、ライブ映像を監視卓に表示する。

監視者はレーダー検知、音、カメラ画像により、より早く正確にドローンの飛来を知ることができる。

価格は1システムが4000万円(税別)から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品