セコム、ドローンの侵入を自動で検知・追跡・監視するシステムを販売

航空 企業動向

セコムは、重要施設に侵入したドローンを検知する新システム「セコム・ドローン検知システム」の販売を開始する。

「セコム・ドローン検知システム」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術を使って、複数の検知方法で24時間365日切れ目なく、侵入したドローンを迅速、正確に検知する。

ドローンは、航空撮影や災害時の調査、物資の配送などさまざまな分野での活用が期待されている。一方で、各種施設や、多くの人が集まるイベント会場などでの落下事故も発生しており、今後、ドローンを悪用した犯罪の危険性も懸念されている。

こうした事態に対応するため、セコムでは、重要施設に侵入したドローンを自動的に検知し、リアルタイムにカメラで追跡、異常を通知する「セコム・ドローン検知システム」のサービスを提供する。

システムでは、カメラ搭載可能な一般的に普及しているドローンが、監視対象の半径100メートル以内の距離に接近してきた際、レーダーで自動的に検知、侵入と判断し、監視卓に飛行物体の方向と距離を表示する。同時に、3D指向性マイクがレーダーで検知した方向の音を集音するとともに、レーダーに連動した近赤外照明付高速パンチルトズームカメラが飛行物体を自動で追跡、ライブ映像を監視卓に表示する。

監視者はレーダー検知、音、カメラ画像により、より早く正確にドローンの飛来を知ることができる。

価格は1システムが4000万円(税別)から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

    JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  2. ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

    ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

  3. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

    ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  4. 日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

  5. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  6. 関西国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が11%増…5月

  7. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  8. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  9. エミレーツ航空、ドバイ=ダカール線にB777-300ERを投入…9月2日から

  10. カンタス航空、シドニーとブリスベンの毎日2便態勢に…A330 改良版を順次投入

アクセスランキングをもっと見る