【東京オートサロン16】500台の RC F ミニカーとVRメガネで「F」の世界を味わう…レクサス

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサスブース(東京オートサロン16)
  • レクサスブース(東京オートサロン16)
  • レクサスブース(東京オートサロン16)
  • レクサスRC F GT500(東京オートサロン16)
  • レクサスRC F(東京オートサロン16)
  • レクサスGS F(東京オートサロン16)
  • レクサスブース(東京オートサロン16)
  • レクサスブース(東京オートサロン16)
  • レクサスブース(東京オートサロン16)
1月15日に幕張メッセで開幕した世界最大規模のカスタマイズショー「東京オートサロン2016」。白を基調にしたシンプルなブースを用意したのは、トヨタの高級車ブランドレクサスだ。

今年のレクサスブースは「SPEED of “F”」をテーマとし、スピードをコンセプトとした出展を行っている。ブースの前面には『RC F GT500』、『RC F』、『GS F』の3台を展示し、“F”の世界を表現する。

ブース後方では高低差のあるミニカー用のサーキットコースが用意され、500台ものRC Fのミニカーが常時走行する。そして「SPEED EXPERIENCE」と書かれたコーナーでは、「レーシングドライバー」と「レース観戦」を疑似体験することが可能。レーシングドライバーでは、用意されたVRメガネを装着すると、まるで自分がミニカーに乗り込んだかのように、コース上での視点を体験出来る。レース観戦では、まるでコース上空からレースを観戦しているかのように、レースの全体を見下ろすことが出来る。

どちらも360度に対応しており、来場者たちは臨場感のある映像を楽しんでいた。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  9. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら