【東京オートサロン16】STI 辰巳監督「クビ覚悟だった」…16年モータースポーツ活動、同メンバーで決意新たに

自動車 ニューモデル モーターショー

左から山内英輝選手、井口卓人選手、辰巳総監督。
  • 左から山内英輝選手、井口卓人選手、辰巳総監督。
  • 昨年のSUPER GTでは1勝もできなかったので、今年はクビになると思っていたという。
  • STIモータースポーツ統括部プロジェクト推進室の辰巳英治総監督。
  • 昨年仕様のマシンに、大径化した新しいタイヤを装着したもの。
  • フェンダー部分のパーツはこれから作るという。
  • タイヤサイズを拡大したことで、コーナリング性能とブレーキ性能を向上させた。
  • 総監督、ドライバーともに継続起用となった。
  • ニュルブルクリンク24時間耐久レース用のマシン。
スバルテクニカインターナショナル(STI)は、東京オートサロンの会場で2016年のモータースポーツ活動の概要を発表した。「SUPER GTシリーズ」、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」ともに総監督、ドライバーともに昨年メンバーを継続起用する。

SUPER GTの参戦車両は2015年仕様車をベースとしたもので、フロントのタイヤサイズをこれまでの300/680R18から、330/710R18に変更。タイヤ径を拡大することでコーナリング性能とブレーキ能力を強化させる。総監督はSTIモータースポーツ統括部プロジェクト推進室の辰巳英治氏、ドライバーは井口卓人と山内英輝を継続して起用する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースはSP3Tクラスで2年連続4度目の優勝を狙う。2016年仕様の車両は車体を軽量化するとともに、コーナリング速度を向上。新たにファルケン製のタイヤを採用した。こちらも2015年と同じチーム体制となり、総監督は辰巳英治氏、ドライバーは山内英輝、マルセル・ラッセー、カルロ・ヴァン・ダム、ティム・シュリックの4人が継続起用される。

辰巳総監督は「昨年のSUPER GTでは1勝もできず、クビ覚悟だった」と告白。昨年のマシンは空気抵抗を重視して小さなタイヤ径を採用したものの、これが逆効果になってしまったという。このため今年のマシンはタイヤ径を大きくし、フェンダー部分のパーツを再設計。昨年の最終戦後にテストを行い、その効果を確認したとする。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、STIが参戦しているSP3Tクラスのレギュレーションが厳しくなり、その対策を強いられることになった。ターボのリストリクター径が1mm小さくなってパワーダウンが確実になり、タイヤも市販品を使用しなくてはならないが、辰巳総監督は「速くなることはないだろうが、タイムが落ちるということは考えていない。総合優勝を目指し、来年もレギュレーションを厳しくされるぐらいの気持ちでいきたい」と自信を見せた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. BMW 330e に創立100周年記念モデル、ブルーとホワイトの世界観を表現

    BMW 330e に創立100周年記念モデル、ブルーとホワイトの世界観を表現

  2. 史上最強の626馬力!? BMW M5 次世代型をスクープ

    史上最強の626馬力!? BMW M5 次世代型をスクープ

  3. 【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす

    【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす

  4. ホンダの新型燃料電池車 クラリティ、EVとPHVの派生が決定

  5. レクサス、高出力燃料電池車を市販へ…2020年ごろ

  6. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  7. マツダ CX-9 新型、米メディアがテスト[動画]

  8. マクラーレン 688 HS、海外メディアがリーク… 688馬力か

  9. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  10. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

アクセスランキングをもっと見る