「ZENRIN」類似標章を地図ソフトのダウンロード販売で使用、逮捕

自動車 社会 社会

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月14日、福岡県警サイバー犯罪対策課と西署により、岡山県浅口郡の会社員男性(36歳)が商標法違反の疑いで逮捕されたことを著作権侵害事件として発表した。同協会会員から報告があったという。

男性は2015年3月7日頃、商標利用に関して何ら権限がないのにもかかわらず、いわゆる「ダウンロード販売」を行うため、インターネットオークションにおいて電子地図ソフトの出品情報に株式会社ゼンリンが商標権を有する「ZENRIN」に類似する標章を使用し、同社の商標権を侵害した疑いが持たれている。

地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)

《吉澤 亨史》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

    俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  3. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

    郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  4. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  5. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  6. 事故対策補助金の申請を受け付け---先進安全自動車や運行管理を高度化など対象

  7. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  10. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

アクセスランキングをもっと見る