「ZENRIN」類似標章を地図ソフトのダウンロード販売で使用、逮捕

自動車 社会 社会

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月14日、福岡県警サイバー犯罪対策課と西署により、岡山県浅口郡の会社員男性(36歳)が商標法違反の疑いで逮捕されたことを著作権侵害事件として発表した。同協会会員から報告があったという。

男性は2015年3月7日頃、商標利用に関して何ら権限がないのにもかかわらず、いわゆる「ダウンロード販売」を行うため、インターネットオークションにおいて電子地図ソフトの出品情報に株式会社ゼンリンが商標権を有する「ZENRIN」に類似する標章を使用し、同社の商標権を侵害した疑いが持たれている。

地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)

《吉澤 亨史》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

    LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

  2. ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

    ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

  3. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

    国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  4. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  5. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  6. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  7. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  8. 堤防道路から滑落したクルマから自力脱出するも、運転者が死亡

  9. 右折バイクと衝突、逮捕された直進車の運転者は酒気帯び状態

  10. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

アクセスランキングをもっと見る