取り扱い注意?電源レギュレーターの必要性と意味

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

カーオーディオにもホームオーディオと同じように電源レギュレーターがある。自家用車などは直流12V~14V程度の電圧で各機器を動かしたり、光を点灯させたりしている。

交流100Vの家庭用電気と比べ、12Vというのは非常に低い電圧設定である。なぜ直流12Vがスタンダードになったのかは知らないが、低電圧なので高電圧と比べれば、安全性に優れている特徴がある。クルマの電圧は絶えず変動しており、一定の電圧を保っているのではない。カーオーディオ機器、とくに電力を消費するパワーアンプは大きな音声信号が入ると電流は多く流れる。そして瞬時、電圧が下がる傾向がある。つまり電圧の安定化のため、電源レギュレーターが必要になってくる。レギュレーターは、一定電圧で供給する装置のことで、パワーアンプなどの機器の能力を引き出すことができる。
しかし、大容量キャパシターと違って、電気の量(電荷)を蓄えておくものではない。大電流が流れ、電圧がぐっと下がると追従、復元することができないが細やかな電圧変動に対しては俊敏だ。音質への効用もある。電圧が安定していると音の力強さ、細部までクリアーな音調になる。サブウーファーの装着時など、パワーを必要とするときは、キャパシターの使用をお薦めする。なお12Vという電圧であるが電流は多く流れている。電源レギュレーターの取り扱いには十分注意してほしい。接続を間違えたりショートさせたりすると機器を壊したり、ときには感電もありで大変危険だ。専門店で取り付けを行ってほしい。

電源レギュレーターの必要性と意味

《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

    【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  2. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  3. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

    【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  4. 対応車種160以上の大画面9インチナビ、Panasonic Strada「CN-F1D」が凄い!

  5. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  6. 渋滞回避がより的確に…約20年ぶりの新サービス「VICSワイド」とは

  7. 【人とくるまのテクノロジー13】デンソー、HUDシステムの展示に行列

  8. VWジャパン×ナビタイム、VW専用カーナビアプリを共同開発

  9. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート3…“Bluetooth”&“HDMI”編

  10. ナビタイム、対応バス路線に北陸鉄道グループを追加

アクセスランキングをもっと見る