【スーパーフォーミュラ】開幕戦、大会名称が「2016 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

昨年のSF開幕戦スタートシーン。
  • 昨年のSF開幕戦スタートシーン。
  • 昨年11月末の鈴鹿テストでは全車がヨコハマタイヤを履いて走行(#16 山本尚貴)。
  • 小林可夢偉には初優勝の期待がかかる。
  • 2015年GP2王者バンドーンは、11月末の鈴鹿テストにダンディライアン・ホンダから参加した。
  • 中嶋一貴は2年ぶり3度目の王座を目指す。
  • 2015年、SF初王座に輝いた石浦宏明。
  • 今季のSF、最大のキーワードは「YOKOHAMA」になる(NGKにも注目)。
  • 今年もSFは鈴鹿サーキットで幕を開ける。
14日、鈴鹿サーキットで4月23~24日に開催される「全日本スーパーフォーミュラ選手権」(SF)の今季開幕戦の冠スポンサーに日本特殊陶業株式会社が就き、大会名が「2016 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」となることが発表された。

SFは今季も三重県・鈴鹿サーキットで開幕、例年同様に二輪レースとのダブルメインイベントによる「2&4」開催となるが、今年はスパークプラグでお馴染みの総合セラミックスメーカー、日本特殊陶業(NGK)が冠スポンサーとなり、大会を一層華やかなものとすることになった。鈴鹿から近い名古屋に本社があり、今年で創立80周年を迎える同社はモータースポーツ界でも国内外で幅広い活動を展開してきており、NGKは信頼のブランドとして定着している。

併催の二輪レースは「MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦(JSB1000 200km耐久・8耐トライアウト)」。また、四輪では全日本F3選手権もこの鈴鹿のレースウイークで開幕する。前売り観戦券は2月21日より発売開始予定。

今季のSFはワンメイクタイヤがヨコハマ製に切りかわるなどの新たな見どころもあり、昨年からの継続参戦濃厚な小林可夢偉、今季SFデビューが確実視されるF1マクラーレン・ホンダのテストドライバーで昨季GP2王者のストフェル・バンドーンら、注目選手も多いことが予想され、例年以上にハイレベルかつ話題に満ちあふれた展開が期待されてもいる。

SF開幕戦は当初、もう1週早い開催が予定されていたが、中嶋一貴ら有力選手が並行参戦するWEC(世界耐久選手権)の開幕戦と日程が重複したため、SFや鈴鹿の尽力で昨年末に現在の日程へと変更された。今季フルメンバーによる開幕戦ということになるわけで、先制勝利に向けての戦いが今から待ち遠しいところだ。

なお、SFの正式シリーズ名称は昨年まで「全日本選手権スーパーフォーミュラ」だったが、今季から「全日本スーパーフォーミュラ選手権」へと微変更されている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期

    シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期

  2. 【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

    【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

  3. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

    【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  4. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  6. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  7. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  8. サーキットが熱く“萌え”上がった「第9回 茂原 de 痛車」

  9. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  10. 【石和温泉郷クラシックカーフェス15】スバル レオーネ エステートバン / ツーリングワゴンST / サンバー トラックほか[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら