アウディジャパン斎藤社長、16年販売「14年の過去最高台数を目標に」

自動車 ビジネス 国内マーケット

アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ Q7 新型発表会
  • アウディ ジャパン 斎藤徹 社長
アウディ ジャパンの斎藤徹社長は1月14日に都内で社長就任後初の会見に臨み、新型車の投入効果により2016年の新車販売で2年ぶりとなる過去最高更新を目指す考えを示した。

斎藤社長はまず2015年の販売について「2万9400台と過去2番目の数字だが、残念ながら前年割れとなった。これにはいくつかの要因があり、ひとつは現時点でプロダクトの平均車齢が高く、ライフサイクル末期モデルの販売が減少したこと。さらにフルモデルチェンジ車種が『TT』だけで、過去数年のように新規セグメントでの商品がなかったこと。さらには純輸入車市場がマイナスとなったことも上げられる」と分析した。

その上で「16年については『Q7』、『A4』といった新型の導入をたくさん予定しているので、新型によってモメンタムをつけて14年の過去最高台数(3万1413台)をひとつの目標目線として取り組んでいきたい」と語った。

さらに「来月には基幹車種A4の新型を、まずセダンから導入する」ことを明らかにした。またこの日発表した新型Q7は3月下旬から販売を開始する。

一方、フォルクスワーゲングループの一連の排ガス不正問題の影響に関しては「問題の対象となるディーゼル車を日本には導入していないので、実際の販売、(ブランド)イメージも含めてほとんどない」との見方を示した。

またディーゼルエンジンモデルの導入については「今の段階では具体的なことは申し上げられない」としながらも、「ディーゼルはガソリンに比べて非常に熱効率も良く、CO2削減にも大きく貢献するので、いずれ日本市場にも投入したい」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

    ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  4. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  5. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  6. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  7. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  8. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  9. 佐川急便と横浜市、地域活性化に向け連携

  10. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら