【ウェアラブルEXPO16】オムロンの「絶対圧センサー」…高低差を検知、見守りなどに活用

自動車 ビジネス 企業動向

見守りでの利用例としては、母親と子供がそれぞれ「絶対圧センサー」が搭載された端末を所持し、気圧の違いを高さに変換することで子供のいる階数がわかる。高齢者の徘徊捜索にも大きな効果が期待できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 見守りでの利用例としては、母親と子供がそれぞれ「絶対圧センサー」が搭載された端末を所持し、気圧の違いを高さに変換することで子供のいる階数がわかる。高齢者の徘徊捜索にも大きな効果が期待できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 「絶対圧センサー」のサイズは縦2.0mm×横2.5mm×厚み0.85mmとコンパクトなので、見守り端末やウェアラブル端末などへの搭載も容易に可能。今後、さまざまなサービス、製品への利用が期待される(撮影:防犯システム取材班)
 13日から15日まで東京ビッグサイトで開催されている「第2回ウェアラブルEXPO」にて、オムロンは高低差±5cmを正確に検知する「絶対圧センサー」の展示を行っていた。

 同製品は12日に量産開始が発表されたばかりの新製品。気圧を検知するMEMSセンサーチップと信号を処理するICチップを、2.0mm×2.5mm×0.85mmの小型パッケージに搭載しており、世界最高クラス(同社調べ)の精度で±5cmの高低差における気圧の変化を正確に検知することが可能だという。

 GPSでも高低差の計測は可能だが、誤差や計測に時間がかかるなどの課題があったが、同製品なら正確かつ瞬時に行うことができる。

 同製品をスマートフォンやフィットネス・健康管理向けウェアラブル端末などに搭載することで、立つ、座る、寝る、倒れるといった人の動作や階段の昇降などを高精度で判別するアプリケーションが実現可能だ。

 同社のブースでは同製品の使用例として、建物の中で子ども・高齢者のいる階数がわかる見守りシステムへの利用や、姿勢を検知して血圧計などの測定の際に正しい姿勢に導くシステムのアイデアのデモ展示を行っていた。

高低差を検知し、見守りや転倒検知に活用できるオムロンの「絶対圧センサー」

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

    いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  4. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  5. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  6. その音に、プロは何を見い出すのか…クラリオン「Full Digital Sound」搭載の注目デモカー2台を、徹底分析

  7. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  8. 日産 NV350 キャラバン で暮らす!? リビングやキッチン、2段ベッドで非日常的移動

  9. ヤマトHD、タイに宅急便サービスの合弁会社を設立

  10. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら