インクリメントP、Windows向け地図アプリ開発キットを発売

自動車 ビジネス 企業動向

画面イメージ
  • 画面イメージ
インクリメントPは、Windowsフォーム向けの業務用地図アプリケーション開発キット「MapFan SDK for Windows」を1月13日から発売した。

今回のアプリ開発キットは、Windowsフォームアプリで業務用デスクトップアプリを開発する際、オフラインで動作する地図機能を簡単に組み込むことができる。地図表示、住所検索、ルート検索機能をアプリに組み込むことが可能。地図の見た目のカスタマイズ、面積・距離の計算、緯度経度・測地系の変換など、業務用途に役立つ機能も充実した。

業務用途向けの多様な地図機能に加え、大型車の道路規制を考慮したルートや、複数地点を効率的に巡回するルートを検索できるなど、特殊なルート検索機能を備えており、物流・配送システムへの利用に適している。

また、オフラインで動作するため、高いセキュリティが要求される業務用システムなど、インターネットに接続することのできない環境で活用できる。

地図の更新データは月1回提供するため、鮮度の高い地図情報を用いたアプリを作成できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  6. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  7. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  8. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  9. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  10. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

アクセスランキングをもっと見る