【デトロイトモーターショー16】マツダブースには現行ラインナップがずらり、CX-9の技術展示も

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
  • マツダブース(デトロイトモーターショー16)
1月11日(北米時間)に開幕したデトロイトモーターショー16。今回マツダは新型車の発表がなく、プレスカンファレンスも行わなかった。

ブースにはマツダの現行ラインナップがずらりと展示。中心を飾るのは、昨年11月にロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアしした『CX-9』だ。

『アテンザ』、『ロードスター』、『CX-5』など、マツダモデルが並ぶ中、CX-9だけがステージ上に展示されていた。そしてその横にはガラスケースに入った展示物。これはCX-9を作るのに用いられた技術展示だ。

ダッシュボードとドアの部品として使われるアルミニウムは、日本の刃物を作る技術が使われているという。シートと内装にには職人によって選び抜かれたナッパ革が使用され、温かみのある質感を実現。センターコンソールとドアスイッチパネルにはローズウッドという木材が使用され、柔らかみのあるコントラストで室内に高級感を与える。

外装にはマシングレーという新しいカラーを用意し、通常コンセプトモデルに使われる深みと光沢を実現。その製法にはマツダカラーと言えるソウルレッドの技術が使われているという。
《関 航介》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品