ブリヂストンサイクル、デュアルドライブ搭載の低床電動アシスト自転車を発売

モーターサイクル 新型車

ブリヂストンサイクルは、新開発の低床U型フレームを採用した、デュアルドライブ搭載のホーム系電動アシスト自転車「フロンティアロイヤル」を、1月下旬から順次発売する。

フロンティアロイヤルは、両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」と、新開発の「最低床U型フレーム」を採用したホーム系電動アシスト自転車。

デュアルドライブは、ベルトドライブの高いメンテナンス性と、2つの駆動による力強い走行性能を発揮する。加えて、様々な路面で画期的な機能で対応する。少ない力でブレーキをサポートしてくれる「ブレーキアシストシステム」は、寒い日や、長い下り坂でも、レバーを強く握り続けることなく、楽に減速することが可能。

また、前輪が空転した瞬間にアシストをストップする「スリップ制御システム」は、マンホールやアスファルトのつなぎ目など、急な路面の変化にも対応して安定して走行することを支援する。

さらに、デュアルドライブを採用したことで、従来モデルでは、車体センター下部に装着していた電動アシストのモーター部を前輪に装着、約4cmの低床化を実現した。同社のホーム系電動アシスト自転車の中で、最も跨ぎやすいU型フレームとなった。

デザイン面では、全国の30~60代女性を対象に外観調査を実施し、最も人気の高かった「明るい車体カラーと同色のパーツやステンレスバスケットをコーディネートする」仕様を採用した。

今回は、定番カラーのシルバーとブラウンに加えて、アイボリーやピンクなど、カジュアルなカラー4色を加えた計6色を、26インチと24インチのタイヤサイズの異なる2車種で発売する。

価格は12万8800円(消費税抜き)。販売計画は7000台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  2. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

    ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  3. 【ホンダ アフリカツイン】オフロードでの走破性を考え、譲れなかったフォーク径45mm

    【ホンダ アフリカツイン】オフロードでの走破性を考え、譲れなかったフォーク径45mm

  4. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  5. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  6. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  8. ”走る宝石”MVアグスタ をレンタルする…レンタル819

  9. ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

アクセスランキングをもっと見る