【デトロイトモーターショー16】バイパー ベースの745馬力…フィスカー、新型スーパーカー発表

自動車 ニューモデル モーターショー

VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • ヘンリック・フィスカー氏(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
米国の新興企業、VLFオートモーティブは1月12日、米国で開催中のデトロイトモーターショー16において、新型スーパーカーの『FORCE 1 V10』を初公開した。

FORCE 1 V10は、ヘンリック・フィスカー氏と、レーシングドライバー兼チームオーナーのベン・キーティング氏が共同開発。ヘンリック・フィスカー氏は、フィスカーオートモーティブを立ち上げた創業者であり、プラグインハイブリッドスポーツカー、『カルマ』のデザイナーとしても知られる。以前は、BMWで『Z8』、アストンマーチンで『DB9』/『V8ヴァンテージ』のデザインを手がけた。

2013年3月、同氏はフィスカーオートモーティブの会長を辞任。ヘンリック・フィスカー会長は、資金不足によるカルマの生産停止を解消しようと、中国企業からの出資交渉を進めていた。他の取締役との間で、意見の相違があったため、会長職を辞し、フィスカーを去った。

VLFオートモーティブがヘンリック・フィスカー氏とベン・キーティング氏とともに、デトロイトモーターショー16で発表した新型スーパーカーがFORCE 1 V10。FCA USのダッジブランドが誇るスポーツカー、『バイパー』がベース。フィスカー氏がデザインしたカーボンファイバー製の専用ボディをまとう。

エンジンはフロントミッドシップに搭載。バイパー用の8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、最大出力745hp/6100rpm、最大トルク88.2kgm/5000rpm。同社によると、自然吸気エンジンの市販車としては、世界で最もパワフルになるという。

FORCE 1 V10のベース価格は、26万8500ドル(約3175万円)。50台を限定生産する。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品