【デトロイトモーターショー16】バイパー ベースの745馬力…フィスカー、新型スーパーカー発表

自動車 ニューモデル モーターショー

VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10(デトロイトモーターショー16)
  • ヘンリック・フィスカー氏(デトロイトモーターショー16)
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
  • VLFオートモーティブ FORCE 1 V10
米国の新興企業、VLFオートモーティブは1月12日、米国で開催中のデトロイトモーターショー16において、新型スーパーカーの『FORCE 1 V10』を初公開した。

FORCE 1 V10は、ヘンリック・フィスカー氏と、レーシングドライバー兼チームオーナーのベン・キーティング氏が共同開発。ヘンリック・フィスカー氏は、フィスカーオートモーティブを立ち上げた創業者であり、プラグインハイブリッドスポーツカー、『カルマ』のデザイナーとしても知られる。以前は、BMWで『Z8』、アストンマーチンで『DB9』/『V8ヴァンテージ』のデザインを手がけた。

2013年3月、同氏はフィスカーオートモーティブの会長を辞任。ヘンリック・フィスカー会長は、資金不足によるカルマの生産停止を解消しようと、中国企業からの出資交渉を進めていた。他の取締役との間で、意見の相違があったため、会長職を辞し、フィスカーを去った。

VLFオートモーティブがヘンリック・フィスカー氏とベン・キーティング氏とともに、デトロイトモーターショー16で発表した新型スーパーカーがFORCE 1 V10。FCA USのダッジブランドが誇るスポーツカー、『バイパー』がベース。フィスカー氏がデザインしたカーボンファイバー製の専用ボディをまとう。

エンジンはフロントミッドシップに搭載。バイパー用の8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、最大出力745hp/6100rpm、最大トルク88.2kgm/5000rpm。同社によると、自然吸気エンジンの市販車としては、世界で最もパワフルになるという。

FORCE 1 V10のベース価格は、26万8500ドル(約3175万円)。50台を限定生産する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

    日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  2. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

    VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  5. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …全体像が見えた

  6. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  7. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  8. トヨタ、イノーバ・クリスタ をインドで発売… 2代目新興国ミニバン

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

アクセスランキングをもっと見る