【ダカール16】ホンダ ゴンサルヴェス、ラジエター損傷で続行の危機…ステージ9

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

パウロ・ゴンサルヴェス(チームHRC)
  • パウロ・ゴンサルヴェス(チームHRC)
  • パウロ・ゴンサルヴェス(チームHRC)
  • パウロ・ゴンサルヴェス(チームHRC)
  • パウロ・ゴンサルヴェス(チームHRC)
1月12日に行われたダカールラリー10日目、ステージ9は「ラリーの流れが変わるステージ」と主催者が位置づける砂丘群の中を行くルート。しかも、13日のビバーク地に到着するまでの2ステージを、チームからのサポートを受けずに走るマラソンステージとなる。

この日、チームHRCのパウロ・ゴンサルヴェスは、総合2位のポジションから首位奪還を狙った。総合トップのトビー・プライス(KTM)とのタイム差は2分5秒。これを逆転すべく、2日間のマラソンステージに出発した。

マラソンステージということを考慮し、ペースをマネージしながら走るゴンサルヴェス。さらにタイム差を広げるべく、ハイペースを保つプライス。序盤から両者の思惑がぶつかり合う展開が続くと思われたが、勝負の行方は意外な形で終焉を迎えた。

スタートから2時間近くが経過し、チェックポイント2へと到着する直前、ゴンサルヴェスは砂漠を走行中、植物を直撃。ラジエターに大きなダメージを受け、冷却水が漏れ出し、エンジンに深刻なトラブルを抱えることになった。

主催者は、過酷なステージで多くの参加者が困難な状況にあり、高温下でのレース継続は危険と判断。中間地点付近のCP2以降のレースをキャンセルする決定を下した。これにより、ゴンサルヴェスは、チームメートのサポートを受けながら、マラソンデイ専用のビバークへと牽引された。サポートを受けられない限られた状況の中、マシンの修復を試み、ラリー続行への可能性を模索している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 『頭文字D』といえば“パンダカラー”…2台のハチロクがレース参戦

    『頭文字D』といえば“パンダカラー”…2台のハチロクがレース参戦

  2. タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

    タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

  3. 【鈴鹿8耐】18~22歳は無料…ヤング割0円キャンペーン

    【鈴鹿8耐】18~22歳は無料…ヤング割0円キャンペーン

  4. 【SUPER GT】11月もてぎ大会は、土曜・日曜とも決勝250km戦を実施

  5. 新劇場版『頭文字D』最終章に新トヨタ 86 がサプライズ出演

  6. 【第100回インディ500】佐藤琢磨、好感触の予選12位「これまでで最も素晴らしいマシン」

  7. 【D1グランプリ 最終戦】「頭文字D」劇場版特別仕様の 86 が登場

  8. 【F1 オーストリアGP】金曜フリー走行は突然の雨で混乱…ロズベルグがトップタイム

  9. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  10. 【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

アクセスランキングをもっと見る