防火シャッター用の危害防止装置「メカセーフ」、電動式タイプが追加

エンターテインメント 話題

機械式で制御を行うため、停電時用のバッテリーが不要。定期交換費用や充電代などを必要としない(画像はプレスリリースより)
  • 機械式で制御を行うため、停電時用のバッテリーが不要。定期交換費用や充電代などを必要としない(画像はプレスリリースより)
 三和シヤッター工業は防火・防炎シャッター機械式危害防止装置「メカセーフ」に、管理用シャッターとして使用可能な電動式タイプを18日から追加発売することを発表した。

 防火シャッター用危害防止装置は防火シャッターの自動閉鎖の際に、はさまれ事故を防止する装置で、シャッター下端部が人や障害物に接触すると自動停止する。同社の「メカセーフ」は、電気系統ではなく機械的に制御して停止する特徴を持ち、ランニングコストが低い点も特徴だ。

 5,000Wmm、3,000Hmm、G形スラットのメカセーフ付き電動式防火防炎シャッターの参考価格は1,821,900円。同社では初年度1年間で約10億円を販売目標としている。
《防犯システム取材班@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. ヴィン・ディーゼル『トリプルX』最新作、予告編&最新スチール

    ヴィン・ディーゼル『トリプルX』最新作、予告編&最新スチール

  2. 【GARMIN vivomove classic インプレ後編】知らないうちに健康的なライフスタイルを実現

    【GARMIN vivomove classic インプレ後編】知らないうちに健康的なライフスタイルを実現

  3. 花火大会の混雑予測---「Yahoo!地図」アプリで

    花火大会の混雑予測---「Yahoo!地図」アプリで

  4. 【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

  5. 透明なのにカルピスの乳酸菌---アサヒ『おいしい水』シリーズに新製品

  6. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  7. 【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

  8. 【GARMIN ForeAthlete 920XTJ インプレ後編】高機能極めた“鉄人”専用のトレーニングウォッチ

  9. 【GARMIN vivofit3 インプレ後編】常にどこでもつけていられるライフログバンドが進化

  10. 【GARMIN ForeAthlete230J インプレ前編】専門的すぎないのが魅力、ランニング用GPSウォッチ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら