【デトロイトモーターショー16】メルセデス Eクラス 新型にPHV…燃費47.6km/リットル

自動車 ニューモデル モーターショー

新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • 新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • 新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
ドイツの高級車、メルセデスベンツは1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16において、新型『Eクラス セダン』をワールドプレミア。同時に、プラグインハイブリッド車(PHV)の登場も明らかにされた。

新型Eクラス セダンのPHVは、電動化パワートレインを意味する「e」を車名に冠し、「E350 e」として登場。メルセデスベンツの市販PHVとしては、『Sクラス』や『Cクラス』などに続くモデルとなる。

PHVパワートレインは、CクラスのPHV、「C350 e」と基本的に共通。エンジンが直噴2.0リットル(1991cc)直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は211hp、最大トルクは35.7kgmを発生する。

モーターは、最大出力88hp、最大トルク44.9kgm。システム全体では、286hpのパワーと、56.1kgmのトルクを引き出す。動力性能は、0-100km/h加速が6.2秒。メルセデスベンツは、「スポーツカーのパフォーマンス」と自信を示す。

EVモードでは、最大30kmをゼロエミッション走行できる。その効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量49g/kmの優れた環境性能を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

    シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  4. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  5. トヨタ ポルテ/スペイド 一部改良、セーフティセンスCを全車標準装備

  6. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  7. 【グッドウッド16】レクサス RC F のGT3レーサー…ヒルクライムに

  8. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  9. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  10. 【MINI コンバーチブル】MINIを感じさせながらも、洗練されたデザインに

アクセスランキングをもっと見る