【デトロイトモーターショー16】メルセデス Eクラス 新型にPHV…燃費47.6km/リットル

自動車 ニューモデル モーターショー

新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • 新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • 新型Eクラスセダンを発表したメルセデスベンツ(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 新型の PHV、E350 e
ドイツの高級車、メルセデスベンツは1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16において、新型『Eクラス セダン』をワールドプレミア。同時に、プラグインハイブリッド車(PHV)の登場も明らかにされた。

新型Eクラス セダンのPHVは、電動化パワートレインを意味する「e」を車名に冠し、「E350 e」として登場。メルセデスベンツの市販PHVとしては、『Sクラス』や『Cクラス』などに続くモデルとなる。

PHVパワートレインは、CクラスのPHV、「C350 e」と基本的に共通。エンジンが直噴2.0リットル(1991cc)直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は211hp、最大トルクは35.7kgmを発生する。

モーターは、最大出力88hp、最大トルク44.9kgm。システム全体では、286hpのパワーと、56.1kgmのトルクを引き出す。動力性能は、0-100km/h加速が6.2秒。メルセデスベンツは、「スポーツカーのパフォーマンス」と自信を示す。

EVモードでは、最大30kmをゼロエミッション走行できる。その効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量49g/kmの優れた環境性能を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  2. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

    ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

  3. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

    ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  4. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

  6. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  7. 日本初のFCフォークリフト、トヨタL&Fが今秋発売…3分充填で8時間稼働

  8. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  9. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  10. アウディ RS3 に400馬力セダン! ニュルで高速テスト

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら