人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

バイク王&カンパニー、バイク小売事業の台当たり利益アップで増益…2015年11月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

バイク王&カンパニーが発表した2015年11月期の連結決算は、経常利益が前年同期比8.0%増の3億3200万円と増益となった。

売上高は同4.5%減の184億1200万円だった。バイク買取事業では、販売台数が前年を下回った。バイク小売事業の販売台数は横ばいだった。バイク買取事業の減収と、駐車場事業で不採算事業地を閉鎖した影響で減収となったため、全体も減収となった。

営業利益は、バイク小売事業での平均粗利額が上昇して増益となったことや、人件費、販売費、管理費のコスト削減効果などから同26.0%増の2億3400万円と大幅増益となった。純利益は同20.5%増の1億7200万円だった。

今期の通期業績見通しは、売上高が同3.9%増の191億3200万円、営業利益が同13.1%増の2億6500万円、経常利益が同7.4%増の3億5600万円、純利益が同20.3%増の2億0700万円と、増収増益を予想する。バイク小売事業での販売台数の増加を見込むため。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  6. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  7. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  8. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  9. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る