VWジャパン、e-up!導入は見送り…e-モビリティ戦略の主軸をPHEVにシフト

自動車 ビジネス 国内マーケット

VWe-ゴルフとe-up!
  • VWe-ゴルフとe-up!
  • VW ゴルフ GTE
  • VW パサート GTE(パリモーターショー14)
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は1月12日、「フォルクスワーゲンの安全に対する考え方の訴求」「パワートレインの新方針」「ライフスタイルに合わせたモデルバリエーションの拡充」の3つを軸にした、今後のプロダクト戦略を発表した。

VGJでは従来、安全思想や先進安全技術などについては、車種ごとに訴求を展開してきた。今後はVWの先進安全技術による包括的な安全対策により、運転者、同乗者、さらには周囲の車や歩行者を事故被害から保護するための総合安全コンセプト「Volkswagen オールイン・セーフティ」の下、より分かりやすく顧客に伝える活動を行っていく。

VGJのe-モビリティ戦略については、これまで、2014年10月に電気自動車(EV)『e-up!』と『e-ゴルフ』の導入を発表したものの、急速充電システムが国内の急速充電器のすべてに対応していないことが判明し、デリバリーを延期。一方、VW初のプラグインハイブリッド(PHEV)である『ゴルフ GTE』をe-モビリティ商品の第一弾として昨秋に販売を開始した。

今後は、e-モビリティのモデルラインアップを見直したうえで、当面は利用環境を選ばないPHEVを主軸に据えた展開を進めていく。今年は、昨年導入したゴルフGTEに続いて、『パサートGTE』を導入。一方、EVについては、e-up!の導入を見送り、e-ゴルフについては、より長い航続距離を実現する新型にて導入を検討する。

パワートレインの拡充に関しては、ガソリンエンジンのTSIが引き続きメインとなるが、PHEVの拡充に加え、ディーゼルエンジンの導入も引き続き検討していく。

また2016年は、新型『ゴルフ トゥーラン』、コンパクトSUVの新型『ティグアン』を中心に、PHEVのパサートGTEや、運転の楽しさを追求したスペシャルモデルなどを積極的に導入し、顧客のライフスタイルにあった、魅力的な商品展開を行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  5. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  6. BRTが走る環状2号…2019年までは築地市場の裏出口を流用、仮設道路新設も

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  8. トヨタL&F、10~23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

  9. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  10. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら