運転者の健康状態などを通知する動態管理システム「スマ・ロケ Healthcare」

自動車 ビジネス 国内マーケット

運用メイン画面。運輸・運送業界において運転者の健康状態に起因する重大事故が増加傾向にあり、そうした事故を未然に防ぐことを目的としている(画像はプレスリリースより)
  • 運用メイン画面。運輸・運送業界において運転者の健康状態に起因する重大事故が増加傾向にあり、そうした事故を未然に防ぐことを目的としている(画像はプレスリリースより)
  • 運転時の現在位置や脈拍表示だけでなく、睡眠時に装着することで睡眠時間や深い眠りの比率なども自動計測でき、運転者の日々の健康管理も可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 本システムで採用しているェアラブルセンサーは、セイコーエプソンの腕時計型脈拍計測機能付き活動量計「Pulsense PS-100」(画像はプレスリリースより)
 トライプロは、ウェアラブルセンサーと連動した、運輸・運送事業者向けの動態・健康管理システム「スマ・ロケ Healthcare(ヘルスケア)」を12日から販売開始した。

 主にドライバーや乗務員の脈拍や睡眠、運動量などを可視化するもので、腕時計型センサーと連携して、生体データをスマートフォン経由で自動的に管理拠点に通知するものとなっている。

 バスやタクシー、トラックなどの運送事業者などを対象としたスマートフォン連動型・動態管理システム「スマ・ロケ」と、セイコーエプソンの腕時計型ウェアラブルセンサー「Pulsense PS-100」を連動させて、ドライバーの脈拍をリアルタイムに取得し、設定値を超えた場合には運行管理者に位置情報を含めて自動通知するAndroid4.4.2以上を搭載したスマートフォンに対応する。

 導入費用及びランニングコストのイメージは、導入台数50台、管理拠点1ヶ所で、対応スマートフォンとウェアラブルセンサーを含めたイニシャルコストが2,000,000円程度、ランニングコストは、通信費と地図利用料を含めて150,000円程度となる(システム構成やオプション契約により変動あり)。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

    日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  5. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

  6. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  7. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  8. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  9. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  10. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら