ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

モーターサイクル 新型車

ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
  • ヤマハ  NMAX
ヤマハ発動機は、水冷4ストローク124ccエンジンをMAXシリーズのDNAを受け継ぐボディに搭載するシティコミューター『NMAX』を3月18日より発売する。

NMAXは、「Global Prestige City Commuter」をコンセプトに、欧州や日本で好評の『TMAX』および欧州向け『XMAX』など、MAXシリーズのスタイルと走りの良さを原付二種に展開したモデルだ。

NMAXは、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する「BLUE CORE」思想に基づき開発した水冷125ccエンジンを国内モデルとして初搭載。高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ)機構や冷却性とスペース効率に優れたラジエター、ロス馬力低減を図るオフセットシリンダーなどを採用し、12psの最高出力と50.5km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を実現している。

スタイリングは、MAXシリーズを象徴する新しいブーメランモチーフが醸し出すダイナミックな表情が特徴。前後タイヤに対してボディのはみ出しが短く凝縮感あるボディとのコンビネーショでバランスを整えた。フロントマスクは二眼ヘッドライト、ハイビーム時には中央ビームが追加されて3灯となる。テールには、帯状に光るLEDストップランプを採用する。

そのほか、専用開発の13インチタイヤ、ABSを前後に装備。メーターは白色バックライトLEDで、視認性のよい液晶マルチファンクションメーターを採用する。

カラーは、レッド、ホワイト、マットグレー、ブラックの4色を設定。価格は34万0200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

    【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

    【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  5. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  6. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  7. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  8. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  9. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  10. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

アクセスランキングをもっと見る