【デトロイトモーターショー16】ホンダ リッジライン 新型、初公開…中型トラックが2世代目に

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ リッジライン 新型(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ リッジライン 新型(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ リッジライン 新型(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ リッジライン 新型(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ リッジライン 新型(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ リッジライン 新型
  • ホンダ リッジライン 新型
  • ホンダ リッジライン 新型
  • ホンダ リッジライン 新型
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16において、新型『リッジライン』を初公開した。

リッジラインは、ホンダの米国部門が開発した北米専用のピックアップトラック。2005年3月、米国で発売された。生産は、アラバマ工場で行う。すでに発売から、10年以上が経過している。

また、アメリカンホンダは2015年11月、SEMAショー15において、『リッジライン・デザートレース・トラックコンセプト』を発表。次期リッジラインをベースにした砂漠レーサーを先行公開していた。デトロイトモーターショー16では、市販版の新型リッジラインがデビュー。

新型の開発は、米国オハイオとカリフォルニアのデザイン&エンジニアリング部門が担当。引き続き、アラバマ工場で生産され、2016年前半、米国市場で発売される予定。

新型は中型ピックアップトラック市場において、最大の室内空間や、最も機能的な荷台、優れたドライビング性能を追求。アメリカンホンダによると、セグメントで最高のハンドリング、乗り心地、静粛性、天候を問わないトラクション性能などを備えているという。自動ブレーキなど、最新の安全装備も導入された。

パワートレインは、直噴3.5リットルV型6気筒ガソリン「i-VTEC」。パワースペックは、現時点では公表されていない。トランスミッションは6速AT。駆動方式は、FFまたはトルクベクタリング機能付きの4WDとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

    【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  2. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

    【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  5. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  6. トミーカイラZZ、試乗・展示会を都内で初め開催…プラットフォームも公開 8月27日から

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  10. 【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら