【デトロイトモーターショー16】フォード フュージョンに2017年型…325馬力ターボの「スポーツ」登場

自動車 ニューモデル モーターショー

フォード フュージョンの2017年型(デトロイトモーターショー16)
  • フォード フュージョンの2017年型(デトロイトモーターショー16)
  • フォード フュージョンの2017年型
  • フォード フュージョンの2017年型
  • フォード フュージョンの2017年型
  • フォード フュージョンの2017年型
  • フォード フュージョンの2017年型
米国の自動車大手、フォードモーターのフォードブランドは1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16において、『フュージョン』の2017年モデルを初公開した。

初代フュージョンは2005年、フォードモーターの米国市場における主力ミドルセダンとして発売。現地では、トヨタ『カムリ』、ホンダ『アコード』、日産『アルティマ』などと競合してきた。

フォードは2012年1月、デトロイトモーターショー12において、2世代目フュージョンを初公開。同車がデビューから4年が経過し、デトロイトモーターショー16で発表された2017年モデルで、初の大幅改良を受けた。

2017年モデルでは、全車がフロントマスクを中心に外装を大幅変更。インテリアも、車載コネクティビティの最新版、「SYNC 3」を導入するなど、アップデート。

2017年モデルでは、スポーツグレードとして、「V6スポーツ」を新設定。2.7リットルV型6気筒ガソリンターボ「エコブースト」は、最大出力325hp、最大トルク48.4kgmを発生する。サスペンションも専用チューン。内外装も、スポーティに仕上げられている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. 【日産 セレナ 新型】横浜ゴム、BluEarth E52を新車装着

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら