【JNCC】世界最高峰のレースを経験した小池田猛、KTMでカムバック

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

JNCCにKTMでカムバックする小池田猛選手。
  • JNCCにKTMでカムバックする小池田猛選手。
  • JNCCにKTMでカムバックする小池田猛選手。
牧場やスキーゲレンデなどの広大なエリアを占有して、刻々と変化する路面状況に対応しながらスピードを競う、モトクロスともエンデューロとも異なるオフロード・モータースポーツの花形のひとつがクロスカントリーレースだ。

日本でも年々その人気は高まるばかりで、その頂点となる「JNCC」(全日本クロスカントリー選手権)では、会場によっては600台を大きく超えるエントリーを集める規模に育っている。

そのJNCCで2008~2010年の3年連続チャンピオン小池田猛選手が、2012~15年の4シーズン、世界中から腕に覚えのあるライダーが集まるアメリカの「GNCC」(Grand National Cross Country)への挑戦を終え、帰国した。

そして小池田選手は2016 年シーズン、JNCCにカムバックすることがわかった。渡米前と同じKTM をチョイスし、世界の走りを日本のライダーに披露するのだ。

2005年にはモトクロス全日本チャンピオンを獲得した経験豊かな同選手は、アメリカから戻った2015年末、KTMの門戸をたたいた。

KTMがなければアメリカ参戦のきっかけを得ることもなく、また厳しいアメリカでの経験が彼自身、KTM以外でのレースをもはや考えられないほどに強く印象付けたためだ。

他メーカーからの誘いもある中で、小池田選手は『KTM 350EXC-F SIXDAYS』を“最強のエンデューローマシン”としてチョイス。KTM 350EXC-Fについて同選手はこう絶賛する。

「GNCCでもほとんどのライダーが選ぶ最高のマシン。レースを組み立てるうえで一番大切な総合性能が高く、これ以外のマシンはもはや考えられない」

さらに「KTMのレースサポートは抜群で、レースへの参加の難しさを引き下げてくれるベストな選択。プライベーターだからこそ、KTMを選ぶ価値があると思う」と高く評価している。

そして、これまでの経験から「マシンや体制はどうあれ、勝って当然の立場であることは自覚しているし、その自信もある」と言い切る。

また、「日本のライダーのレベルアップを図っていきたい」とも言い、後進の育成に意欲を見せる。アメリカでの経験は現地でのサポーターも数多く生み、「それを今後、アメリカに挑戦するライダーたちに使ってもらえるような仕組みも考えたい」としている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

    【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  2. 【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

    【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

  3. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

    【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  4. 【SUPER GT】脇阪寿一監督らが鈴鹿で地域交流フットサル大会を実施

  5. 【MotoGP 第15戦日本】事前PRイベントでバイクTV番組公開収録…9月11日 渋谷

  6. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  7. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  8. 【MotoGP 第15戦日本】今年は金曜日から! バイク芸人ら3日間の観戦を熱望!!

  9. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  10. 【SUPER GT 第5戦】GT500決勝…安田&オリベイラがポール・トゥ・ウイン、GT-R勢の全勝続く

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら